えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

高海千歌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2022/05/07(土) 19:12:05.56 ID:0+MpLsZ+
代行
・スクスタ時空の話
・すごく短いです

【千歌「私達の」果南「真ん中バースデー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

千歌・歩夢・かのん「スクールアイドル野球対決?」 前編

307: 5回表 虹ヶ咲0-2Liella!(もんじゃ) 2022/04/11(月) 23:16:32.99 ID:jYhGIvME
かすみ・彼方「じゃじゃーん!」

「おぉ~」

かすみ「お手軽に食べられる補給食です!かすみんは定番のコッペパン!」

彼方「彼方ちゃんも定番のレモンの蜂蜜漬け~。それとアーモンドチョコレートを特製ミネラルたっぷりジュースと一緒にどうぞ~」

「わーい!」

エマ「ん~~♡ボーノだよ~♡」

ランジュ「とっても美味しいわ!かすみ!彼方!」

彼方「フフフ~我々はこういう面で貢献しなきゃだからね~」

かすみ「かすみんはプレーでも貢献しますもん!あ、はい歩夢先輩どうぞ」

歩夢「かすみちゃん、ありがーーー」

ポロッ……

歩夢「あっ……!」

かすみ「はわ!」

愛「おっと!セーフ!」

歩夢「あ、愛ちゃん……!ありがとう!落としちゃうところだったよ~!」

かすみ「ホッ…歩夢先輩、愛先輩ゴメンナサイ。ちゃんと最後まで持てていませんでしたかもです~」

愛「落ちなかった訳だし気にしない気にしない♪歩夢はこの回打席回ってくるからね。しっかり栄養補給してまだまだ頑張らないとだね!」

歩夢「うん!」

侑「……歩夢?」

ミア「…………」


歩夢「もぐもぐ…うん!美味しい♡ 少しお腹膨らませて、この先も頑張るよ!」

かすみ「えへへ」ニコニコ

かすみ「ーーーハッ!!!?」

しずく「っ!?」ビクッ

かすみ「にししし……かすみんいいこと思いついちゃった~♪」

【千歌・歩夢・かのん「スクールアイドル野球対決?」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/03/25(金) 16:54:19.91 ID:IvlNYamU
侑「そうなんだ。皆も知ってる通り、今度私達3グループがプロ野球チームとコラボさせて貰うことになったよね?」

侑「その一環として私達も野球の試合を行って野球をプレーして貰えませんか?って提案が来たんだ」

千歌「ふむふむ!」ワクワク

侑「場所は埼玉県のベルーナドーム!埼玉西武ライオンズの本拠地だね!」

Aqours全員「」

【千歌・歩夢・かのん「スクールアイドル野球対決?」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/26(月) 23:03:38.00 ID:T8WNensYO
1作目 梨子「曜ちゃん、怒らないで聞いてね」
2作目 曜「梨子ちゃん、怒るわけないよ」

上記の続編。勢いのまま。
最初、千歌視点。


千歌の歩もうとした道のスタート地点に、一番可愛い二人がいた。
二人以上に二人の事を知っているのは千歌だけ。
そうだといいなって、思ってる。
そうあって欲しいって、思ってくれてるなら嬉しいかも。
恋や友情がその輝きを鈍くさせちゃっても、私たちは終わらないよね。
大人になっても、この道は続いていくんだよね。
そうだよね。

「ずっと……友達……」

そうだ。
そう決めたんだ。
辛くたって、何も解決していなくたって、決めたんだ。
自分でやっといて後悔するなら、はじめからするなってんだよ、ねえ。
曜ちゃんのいなくなったベッドの上に頭をこてんと置いた。
しばらく、息をしていない死人のようにそうしていた。

「曜ちゃんの顔……おかしかった……ぷっ」

唐突に思い出した記憶に息を吹く。
もぞもぞと、枕元に置かれたCDプレーヤーに手を伸ばす。
手さぐりに再生ボタンを押した。
イヤホンを耳にかける。

「……良い曲だ~」

そんな言葉が言える自分は、きっとどこか狂ってるのかもしんない。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498485817

引用元: 千歌「一番可愛い二人」 


  【千歌「一番可愛い二人」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/30(金) 11:48:56.05 ID:2B8IaL7oO
~部室~


果南「千歌、大事な話って何?」

善子「どうせまた面白いダジャレでも思い付いたんでしょ」

千歌「フッフッフッ……」

梨子「……千歌ちゃん?」

ダイヤ「千歌さん?折角貴重な練習時間を省いてまで皆部室に集まってるのですから、くだらない用件でしたら……分かっていますね?」

曜「まぁまぁ…。それで千歌ちゃん、話してもらえる?」

千歌「うん。実は私ね?」

8人「…………」

千歌「神の力を手に入れたんだよ!」

8人「…………」

千歌「…………」

梨子「解散」ガタッ

果南「みんな屋上行くよ」


ゾロゾロゾロ……


千歌「待って!反応分かってたけど待って!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498790936

引用元: 千歌「神の力を手に入れたんだよ!」 


  【千歌「神の力を手に入れたんだよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 22:56:28.96 ID:0HCF6sSb0

千歌「………」ボーッ

曜「………」ボーッ

梨子「………って二人とも始まってる!始まってるよ!」

千歌「わあっ!ほんとだ!や、やり直しは…」

曜「ダイヤさんが向こうですごい顔でぶっぶー!ってしてるし続けるしかなさそう…」ニガワライ

梨子「はぁ…。最初からこれじゃ20分弱上手くコメンタリーしていけるのかな…」ハァ

千歌「ま、まあなんとかなるって!」

梨子「なんとかなるのかなー…」


引用元: 千歌「Aqours式キャラコメ!1話!」 



  【千歌「Aqours式キャラコメ!1話!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆6cZRMaO/G6 2017/06/29(木) 20:10:01.06 ID:a+uQTCr4O

曜「…………え?」

梨子「……いや、そんな、なんで知ってるのって顔されてもね?」

曜「ま、待って? likeじゃないよ?」

梨子「loveの方でしょ?」

曜「!?」

梨子「いや、うん。知ってるわよ」

曜「な、なんで……?」

梨子「普段から千歌ちゃんに熱い視線送ってたら……普通ばれるわよ」

曜「!?」

梨子「…………いや、そんな顔されても……ってもういいわ。それで? 私に話したってことはなにかあるんでしょ?」

曜「う、うん……///」モジモジ

引用元: 【ラブライブ】曜「千歌ちゃんが好きなんだよね」梨子「知ってる」【サンシャイン】 


  【【ラブライブ】曜「千歌ちゃんが好きなんだよね」梨子「知ってる」【サンシャイン】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆6cZRMaO/G6 2017/03/22(水) 16:53:02.82 ID:TW/StDNuO
更新遅め
三度テニヌもどき
前作のサンシャイン版

以上のことが大丈夫な方はぜひお付き合いください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490169182

引用元: 【ラブライブ】千歌「テニスをしよう!!」【サンシャイン】 



  【【ラブライブ】千歌「テニスをしよう!!」【サンシャイン】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 23:41:28.01 ID:EZNWQpiN0

ザーッ・・


千歌「・・・」

果南「・・・」

千歌「雨だね~・・・」

果南「うん、雨だね・・・」

千歌「ここ最近止まないね、雨・・・」

果南「そうだね・・・」


引用元: 千歌「愛哀傘」 


ラブライブ!サンシャイン!! SECOND FAN BOOK

KADOKAWA (2017-06-30)
売り上げランキング: 41
【千歌「愛哀傘」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/22(木) 16:03:05.22 ID:yl/KWDDTO
千歌「好き(はーと)」

梨子「え・・・?///」

千歌「梨子ちゃんも私のことを好きになってくれないと、千歌困っちゃうな」カベドンッ

梨子「はわわわっ・・・///」




梨子「」パチッ

チュンチュン

梨子「・・・夢」

梨子「///」

梨子「・・・ま、待って・・・よく考えると私とんでもない夢見てしまったのかも・・・」

引用元: 千歌「実は私梨子ちゃんのことが・・・」 


 

【千歌「実は私梨子ちゃんのことが・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/04/02(土) 08:04:32.06 ID:VXE8P/Cz
~千歌の部屋~

梨子「春休みの課題が終わらない?」

千歌「うん!あのねあのね、今朝、志満姉に『宿題ちゃんと提出出来ないんだったら、来年からお小遣いゼロにするぞ!』って脅されて……」

梨子(そっか。意外と宿題、たくさん出されてるんだっけ……)

千歌「だぁぁ~!!ゼロはやだよ~!!私まだ高校生なのに~!!」

梨子「……ちなみにどれくらい残ってるの?」

千歌「全部!」

梨子「えっ?」

千歌「国語も数学も英語も全部残ってるよ!」

梨子「……もしかしてなーんにもやってないってこと?」

千歌「うん!進み具合もゼロ!ま~っしろだもん!」

梨子「えぇ……」

千歌「だから梨子ちゃんお願い~!!このままだと終わんないから手伝って~!!」ムギュッ

梨子「はぁ……ほんとに、しょうがないんだから……」

千歌「やった~!ありがと梨子ちゃん!まずはまずは数学なんだけど~……」



曜「……」

【千歌「梨子ちゃん梨子ちゃん!勉強教えて!」梨子「……」曜「……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/22(木) 00:37:41.34 ID:43TsiFFAo
千歌「はい、意見をどうぞっ!」

ダイヤ「・・・Aqours限定ですのぉ・・・?」

千歌「ダイヤさん、不満げだけど絵里ちゃんを挙げるのはなしだよ」

ルビィ「ピギャッ!?」

千歌「そうだよ!? 当然花陽ちゃんもダメだからね!? 私いの一番にAqoursで、って言ったよね!?」

ルビィ「・・・そ、そぅだよね、ごめんなさい。もう変なことはルビィ言いません・・・」

ダイヤ「ルビィ・・・悲しい気持ちはよくわかりますわ・・・」

花丸「ルビィちゃん、大丈夫ずら・・・?」

千歌「え? なんか私が悪い感じになってない? なってない?」

引用元: 千歌「Aqoursで一番カワイイのは誰だっ!! 」 


  【千歌「Aqoursで一番カワイイのは誰だっ!! 」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/21(水) 22:06:48.63 ID:N8Hh+kzsO

千歌「あー!もーう!分かったから!」

美渡「あんたそればっかりでしょーが!だいたいこの前だってあんたは…」

私は…。

千歌「いちいち怒らないでよ!いつも!いつも!いつも!」

千歌「私だっていつまでも子どもじゃないの!」

美渡「あんたなんかまだまだガキなんだよ!責任の意味をなんも分かっちゃいない!」

千歌にとっての………『敵』。


引用元: 美渡「こらー!バカチカー!!」 



  【美渡「こらー!バカチカー!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 01:06:54.86 ID:smyUCZOA0


千歌「みんな! そろそろ準備できた?」

曜「ばっちりであります!」

浴衣姿の曜ちゃんがびしっと敬礼を返してくれた。

8月15日、桟橋の上、日は既に傾きかけ。

予報通り熱帯夜を迎えつつある内浦の海を、熱を孕んだ空気がもやりと包んでいた。


果南「ほらほら、早く船に乗ってよー」

善子「クク……! 箱舟の主は、この堕天使ヨハネよ……」

花丸「船は果南さんのおじいちゃんのだよ」

お決まりの雑談を交わしながら船に乗り込む。


鞠莉「hmm...」

果南ちゃんの帯を締めなおしながら、不意に鞠莉さんが呟いた。

鞠莉「なんだか変な感じね。やっぱりお盆は慣れないわ」

果南「そう? ずっとこうだからわかんないや」

鞠莉「にぎやかなのに、sentimentalっていうか……」

ルビィ「過去を想う日、でしたっけ」

梨子「千歌ちゃんによればね。ちょっとロマンチック……。ふふっ、千歌ちゃんっぽくはないかも」

千歌「ちょっと、失礼だよー!」

引用元: 千歌「私のぴっかぴか音頭・タイムトラベル」 



  【千歌「私のぴっかぴか音頭・タイムトラベル」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(茸) 2022/03/19(土) 18:04:30.78 ID:1HTCvl9g
千歌「とぉりゃあ~!!」バッダンッストンッ

エマ「はあぁ~かっこい~千歌ちゃん」パチパチパチ

千歌「へへっ♪ありがとー♪」

エマ「日本のアイドルはバク転が出来て一人前なんだよね」

千歌「そうなの?」

エマ「うん、わたしもアクロバットに憧れてるんだけどね」

エマ「よいしょ」コロン

エマ「あはは、わたしにはでんぐり返しがやっとみたいだよ~」

【千歌「ロンバクいっくよ~!!」エマ「わぁ、すご~い!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(茸) 2022/01/23(日) 22:54:41.79 ID:tjEbvBrm
月曜日

2: 名無しで叶える物語(茸) 2022/01/23(日) 22:57:48.63 ID:tjEbvBrm
千歌「だぁ〜遅刻だ〜遅刻〜」

梨子「やっと来た」

曜「あはは。おはよ〜千歌ちゃん」

花丸「おはようズラ〜」

千歌「も〜梨子ちゃん何で起してくれないの!」

梨子「何でって言われても」

果南「梨子ちゃんもすっかり千歌のお世話係だね」

梨子「え…やだ…その係」

千歌「そんな事言わないでよ〜」

【千歌「日常」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 13:49:06.06 ID:kQq6B8ow0
千歌「学校面倒だなぁ......」

志満「ほらっ、そんなこと言ってないで!早く行かないとバス遅れちゃうよ」

千歌「......志満姉、やっぱり今日学校休んじゃダメ?」

志満「ダメです」ムッ!

千歌「は~い......」ズルズル

美渡「新学期早々テンション低いな~。学校楽しくないの?」

千歌「......別に。クラスの子とはうまいことやってるし」

美渡「そうだ!せっかくの新学期なんだしさ。あんたも髪飾りでもつけてイメチェンしていけば?私が学生のとき使ってたのあげるから」

千歌「私は髪飾りなんかしなくてもいいの!そんなのつけても悪目立ちするだけだし」

美渡「悪目立ちって......あんたも華の高校生なんだからさ~」

千歌「とにかく!私はそういうのいいから!じゃ、行ってきます」

ガララ

美渡「行っちゃった......」

美渡「『うまいことやってる』、かぁ。やっぱ楽しくないのかな、高校」

志満「昔はもっと元気で、学校も楽しそうだったのにねぇ......」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493786945

引用元: 千歌「もしも!私と曜ちゃんの幼馴染設定がなかったら!」シャキン! 


 

  【千歌「もしも!私と曜ちゃんの幼馴染設定がなかったら!」シャキン!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 名無しで叶える物語(あら) 2021/12/24(金) 11:09:12.09 ID:oJdTD5Rt
曜「はあ・・・ついてないなぁ」


梨子「どうしたの?」


曜「今朝は寝坊しちゃうし、バスに乗り遅れちゃうし、スマホは家に忘れちゃうし」


梨子「めずらしいね」


曜「明日クリスマスライブじゃん、その準備がね~」


梨子「ごめんね、衣装の子と任せちゃって」


曜「けど、くよくよしちゃダメ!切り替えてがんばらないと!」




曜「あれ?そういえば、千歌ちゃんは?」

【曜「千歌ちゃんがクリスマスデート?!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆tdNJrUZxQg 2017/04/29(土) 03:49:26.94 ID:d8SlcAP60
ラブライブ!サンシャイン!!SS
ダイちか

作中催眠暗示の描写があります。
大丈夫だとは思いますが、外出しながら閲覧される方は少し注意して見ていただけると幸いです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493405366

引用元: ダイヤ「催眠術で千歌さんの妹になる……?」 


 

【ダイヤ「催眠術で千歌さんの妹になる……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/19(水) 22:14:40.02 ID:KpiVMcvy0
一年ぐらい前に投稿した物の続編となります。

前作 曜ダイヤ善子「「「ホッケン?」」」

前作を読まなくても平気ですが、本編をより詳しく知ることができます。
それでは、よろしくお願いします。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492607679

引用元: 千歌「穂乃果の拳、バージョンアップ!」 



 

【千歌「穂乃果の拳、バージョンアップ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 21:17:56.67 ID:oUECwn7k0


鞠莉「かなーん! 電車出ちゃうよー!」

曜「果南ちゃん! 駆け足ヨーソロー!」

果南「あ、うん、今行くよ!」

ぶんぶんと腕を振る鞠莉と曜に、果南が微笑んだ。

ざわざわとした雑踏の中を、数多くのスーツケースの間を縫うようにして歩いてくる。

今日は東京でスクールアイドルのイベントがあった。

地方の学校が集まって、曲を出し合い勝ち負けを競うのだ。

スクールアイドルがすっかり世間に定着した今となっては、ラブライブ以外にも小さな大会はいくつもあった。



梨子「はあ……疲れたなあ……」

善子「リリーが疲れたのは大会のせいじゃないでしょ。終わった後どこ行ってたのよ」

梨子「え!? えっと、それは……」

花丸「あ、マルお土産少し足りないかも! ちょっと降りて……」

ルビィ「ええ!? 今からは間に合わないよぉ、花丸ちゃん!」

向かい合わせでわいわいと騒ぐメンバーを横目に見て、ふふっと笑みがこぼれる。

少し気だるい身体を引きずりながら、また来たいねなんて言い合う今が、何だかかけがえのない時間のように感じた。

引用元: 鞠莉「果南が…」千歌「戻ってこない…?」 


 

  【鞠莉「果南が…」千歌「戻ってこない…?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/12/06(月) 19:07:12.18 ID:trD6wGKB
千歌「ねえねえ曜ちゃん!知ってる?今日はカップルデーなんだよ!」

曜「カップルデー?」

千歌「うん!カップルで見れば半額なの!半額!」

曜「ふ、ふ~ん……」

千歌「~♪」

曜「……」

曜(そっかぁ。『カップルで来ると』半額なんだよね、うんうん。カップル、だったら……)チラッ

千歌「というわけで、曜ちゃんは今日だけ私の恋人なんだからね!いーい?」

曜「わかっ……ってうぇぇっ!?ほ、本当に!?///」

千歌「じゃないと半額にならないじゃん」

曜「いや、そうだけど、でも……」

千歌「ねえねえ、早速チケット買いに行こうよー!」グイグイ

曜「あ、いや!私、まだ心の準備が……!!///」ドキドキ

【千歌「映画見に行こっ!」曜「いいよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆tdNJrUZxQg 2017/04/23(日) 12:08:23.36 ID:7dcfFzwvo
ダイヤ「あら……千歌さんって昔は髪を伸ばしていたのですわね……?」


ポツリと聞き相手の居ない部屋で言の葉を零す。

本日のわたくしは千歌さんのお部屋で独り、一心不乱にある書物を眺めていました。


ダイヤ「……これ、焼き増しして貰えないでしょうか……」


ページを捲る毎に、目に入ってくる弾けんばかりの愛おしい笑顔に胸の内が充足感や幸福感で包まれます。

……30分ほどでしょうか。黙々と書物を読み――というか眺め耽っていると……


千歌「ダイヤさん!!ごめんね、急に手伝い入れられちゃって!!」


――部屋の主の凱旋ですわ。

引用元: ダイヤ「あら......千歌さんって昔は髪を伸ばしていたのですわね......?」 


 

  【ダイヤ「あら......千歌さんって昔は髪を伸ばしていたのですわね......?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆tdNJrUZxQg 2017/04/09(日) 13:16:10.84 ID:kLIl0PWso
放課後の体育館

――しゃなり

――しゃなりと

その舞は、まるでそこにはないはずの鈴の音が聞こえてくるようで


「――」


――私はその美しさに思わず言葉を失った。

今、思えば……これがきっかけだったんだと思う。

――西日差す初夏の体育館で私――高海千歌は恋をした。





引用元: 千歌「――私はある日、恋をした。」 


 

【千歌「――私はある日、恋をした。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/09/27(月) 18:50:04.91 ID:cq3ZeOKk
千歌「ん~……」ゴロゴロ

志満「千歌ちゃん?」

千歌「んあー?」ゴロゴロ

志満「一日中パジャマでごろごろしているとダメ人間になっちゃうわよ?」

千歌「えー?」ゴロゴロ

志満「天気もいいしどこかお出かけでもしてきたら?」

千歌「でも~、やることないし~」

志満「あ、そうだ!美容院にでも行って来たらどう?千歌ちゃん、前髪けっこう伸びて来てない?」

千歌「え~?いいよ、めんどくさい」

【千歌「前髪を短く切りすぎたのだ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(庭) 2021/07/29(木) 11:47:13.93 ID:YB3I+e9s
「千歌ちゃ~ん」

「曜ちゃんが迎えに来たわよー。起きなさーい」

「千歌ちゃーん?」

「……ごめんね、曜ちゃん。あの子ったらこんな日まで……」

曜「ううん、大丈夫!」

ドタドタドタ

「あら、起きてたのね。珍しい」

千歌「当たり前だよ!大事な日だもん」

曜「ふふっ、気合いばっちりだね!千歌ちゃん!」

千歌「もちろん!」

千歌「行こう!曜ちゃん!」


私、高海千歌!今日は新人魔導士ドラフト会議の日!

1週間前に行われた一般魔導士選抜試験で厳しい試験を突破した千歌たち!
だけど魔導士として活動するには、ドラフト会議で指名してもらって魔導士ギルドに所属しなきゃいけないの。

今日は、いわば選抜試験の最終関門ともいえる大事な日なんだ!

【千歌「今日は魔導士ギルド・ドラフト会議の日!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(みかん) 2021/07/10(土) 12:42:48.21 ID:Iod0Woyu
曜「どうしよう……」アワアワ

【曜「千歌ちゃんが不登校になった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しで叶える物語(SIM) 2021/06/29(火) 19:27:22.33 ID:yoVG+PYu
曜「ねーねー梨子ちゃ~ん、聞いてるー?」

梨子「……」

曜「梨子ちゃーん」ユサユサ

梨子「聞いてる。聞いてるから揺らさないで」

曜「やっぱ梨子ちゃんもそう思うよねー。千歌ちゃん絶対私のこと好きだって」

梨子「はいはい。どうせまたお得意の妄想のお話でしょ?」

曜「違うもん!!今回はちゃんと証拠があるってば!!」



【曜「千歌ちゃんって絶対私のこと好きだよねー」梨子「はぁ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆8TImjtGSKs 2016/10/09(日) 01:32:46.45 ID:ucAaBo1uO
注意 死亡描写あり〼。



――――9月某日。


タッタッタッ

ダイヤ「遅くなりましたわ」

果南「お疲れ~、生徒会の仕事終わったんだね」

ダイヤ「ええ。再来週の学校説明会の段取り、ようやく片づきましたわ……」

鞠莉「あれから参加希望者も増えたから、これでひと安心ね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475944366

引用元: 千歌「私たちはその島で」 


 

  【千歌「私たちはその島で」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
149: ◆ddl1yAxPyU 2016/11/17(木) 23:06:53.88 ID:pvRBcGWb0
五章

ガンツのミッションは基本的に人の少ない場所で夜に行われる
一般人への被害を最小限に抑えるためだが
星人の行動によっては夕方から始まったり夜でも人が多い街中になったりもする

時刻は夜8時、平日とはいえ秋葉原には多くの人が往来していた
そんな中、大量の星人出現
千歌達が転送された時にはすでに多数の死者が出ていた
警察や自衛隊も出動しているが事態は未だ終息していない


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477559947

引用元: 千歌「GANTZ?」 


 

  【千歌「GANTZ?」 後編】の続きを読む

このページのトップヘ