えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

魔王

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: それでも動く名無し 2024/02/16(金) 22:22:07.74 ID:OtttUDbg0
魔王「しゅ、趣味は読書とか、絵を描くことでその…、
魔王としての仕事はよくわかりませんけど…、あ、よ、よろしくお願いします」


……

幹部A「(は、おいおい、いくら先代の魔王がぽっくり逝ったからって…、魔界の田舎で暮らしてきた何も知らない孫娘を魔王にするってどうなんだよ…、どう考えても実力的に魔王は俺だろ…ムカつくわ)」

幹部B「(はっ、あんなガキが魔王?いつまで血統での世襲制を続けるのかしら?ムカつくからいじめてやろw、きゃはは)」

幹部C「(ふぉっふぉ、魔王様の孫、なかなか可愛いじゃあないですか…ふひっ)」ムラムラ

幹部D「……」

【魔王「あ、あの、新しく魔王として配属になった魔王(♀)です…」 魔王軍「…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/08/24(水) 21:26:30.827 ID:jn0ol1wB0.net
― 城 ―

王「なにぃ!? 勇者が魔王軍に敗れただと!?」

大臣「はい……。つい先ほど、病院に搬送されたと……」

王「うむむ、このままでは世界は魔族の天下になってしまう。どうすれば……」





オリンピック選手「この私が魔王を倒します」ザッ

【オリンピック選手「私が魔王を倒します」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 20:06:04.98 ID:JNqBpQgh0
魔王「光熱費は2万ちょい。食費は二人で4万円で」カキカキ

勇者「やっぱドラマは水10に限るぜ」ボリボリ

魔王「……うーん、今月は支出が多すぎるなあ。どこを節約すればいいのだろうか」

勇者「あっ、煎餅なくなってらぁ。ちぇっ、いまいいところなのに」ムクッ

魔王「外食の量を減らすべきか。いや、あれは週に一回のご褒美でもあるし」

勇者「あれ、冷蔵庫にねぇや。おーい、魔王。昨日スーパーで買ったお菓子どこに置いた?」

魔王「えーい、うるさいっ! 炊飯器の棚の下だ!」バンッ

【魔王「八畳一間ワンルーム。風呂無し、共同トイレ。家賃は3万円」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/01/30(土) 16:01:28 FV7/Ndik
側近「ご存じないのですか?」

魔王「知らないな。そいつは我より強いのか?」

側近「わかりません。しかし、過去の魔王様を打ち破った勇者を一瞬で血祭にあげることができる力があるようです」

魔王「ほう。そんな奴がこの世界にいるとは是非とも我が部下にしたいものだ」

側近「しかし、そいつがどこにいるとか何者なのか一切わからず…」

魔王「ふむ。しかし、何故隠しボス? なのだ?」

側近「私が調べたところ、勇者の世界で言うと魔王様はラスボス。つまり最後に戦うボスなのです」

魔王「まあ、我を倒すために勇者は存在するからな」


"
"

【魔王「隠しボス?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/22(火) 05:14:56.630 ID:XMCjjMB10
魔王「今夜も始まったぞ」

側近「魔界限定ラジオ放送、魔王様なんでも相談室のコーナーです」

魔王「パーソナリティはお馴染み魔界の統治者ことこの魔王と」

側近「側近が務めさせていただきます」

魔王「今宵も下々の者のちっぽけな悩みを面白おかしく紹介していくぞ」

側近「解決まではしないんですね……」

魔王「当然だ、生きる上の苦悩というのはその者だけの物」

魔王「如何に儂が強欲とてそれは奪えまい」

側近「キャーマオーサマカッコイー(棒)」

魔王「であろうであろう、ぶっちゃけ儂はこのワンフレーズが言えれば満足なのだが」

側近「いいから一通目のお悩みいきますよ」

>>3だれから
>>5どんな内容

【魔王「魔王様なんでも相談室のコーナーである」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/08/24(月) 21:45:08 t1.5fK92
勇者「ええええ……」


"
"

【女魔王「クックック……殺せるものならば殺してみるが良い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/06/29(月) 02:19:59 X9FLjNLI
魔王「魔力が尽きたわ…ワシの負けじゃ」


"
"


【魔王「くっ、ここまでか…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/09(木) 16:45:42.476 ID:VSlrmZFT0
勇者「魔王、覚悟しろ」

魔王「はいはい」(あっさりしょうり)


側近「さすが魔王さま。勇者なんて相手になりません。ザコです」

魔王「そのザコである勇者がここまで来たのはなぜかな?」

魔王「側近に命じる。魔族軍の再編成を今すぐ実施せよ」

側近(めんどくせー)

【魔王「勇者がここまで来たこと自体大問題だろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/04/22(火) 00:21:17.09 ID:Xjw1TOSZ0.net[1/27]
~村~

村人A「とうとう魔王が世界征服を始めるらしいぞ」

村人B「それは本当かよ! まだ遠くの国にいる勇者はレベル1なんだろ!? 終わりじゃん」

村人C「世界征服の最初の犠牲はこの村だそうだ」

村娘「魔王の城に一番近いしな」

村人A「どうしよう魔王って絶対強いんだろ?」

村娘「魔王だしな」

村人B「この村はお終いだー」

村人C「お、俺は世界がどんなに闇に包まれようと自分の生まれ育った村は離れないぜ!」

村娘「よし、魔王が攻め込んで来ても良いようになんか対策をしてみっか」

対策>>3

【魔王「よし、世界征服をしよう! 手始めに近くの村を襲うか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/06/20(金) 22:22:59.38 ID:GZN9K4Y/0.net[1/24]
魔王「ふっ、いつもの席は空けてあるか。感心な奴だ」

マスター「どうも…で、今日は何にする?」

魔王「適当に出してくれ。ツマミもな」

マスター「…今日は思いっきり酔い潰れたいって顔だな」

魔王「私の顔はそんなに分かりやすいか?」

マスター「職業柄、そういう能力に長けてるだけさ」

【魔王「邪魔するぞ」マスター「あぁ、いらっしゃい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1◆oNDhRi.Qoo 2014/08/09(土)04:19:21 ID:209kQS6cr

ーー【魔王城 王室】ーー


魔王「…………」

バアンッ!!

側近「ハァ……ハァッ……ま、魔王様!」

魔王「……どうかしたか? そんなに慌てて」

側近「勇者です! 勇者が魔王城に現れました!」

魔王「勇者か……城内の様子は?」

側近「現在勇者はモンスター達を凄まじい勢いで討伐しながらこちらに向かっております! ここに辿り着くのも時間の問題かと!」

魔王「そうか……では、迎え撃たねばなるまいな」

側近「魔王様、しかし問題が……」

魔王「問題? どんな問題だ?」

側近「それが、今回の勇者は……」


勇者「俺が、どうしたって?」

【魔王「私を殺して聞いてみろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/31(金) 03:10:36.71 ID:Ec6LbMoM0
側近「そう言われましても勇者と戦えるのはもはや貴方様しか・・・」

魔王「だってあんな汗臭そうなの嫌だもの・・・。お供の魔導師君は可愛いのに・・・」

側近「しかしもう四天王も敗れ・・・!?四天王が回復しています!」

魔王「なに!?」

四天王「も、申し上げます・・・勇者に敗北した我々に、魔導師が回復呪文を・・・
    無論、力は封じられていますが・・・なんという慈悲の心・・・ポッ」

魔王「むう、的である我が部下を回復するとはなんというやつだ・・・。」ゴソゴソ

側近「魔王さま、何してるんですか」

魔王「いやこの辺りに確か勝負パンツが・・・」

側近「は?」


【女魔王「ムキムキの勇者よりも、可愛い魔導師君の方がいいな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/26(土) 13:25:50.04 ID:SKFkM4h00

男「はぁ、奴隷ですか」

魔「うん、奴隷」

男「断ると死んじゃいますかね?」

魔「どうだろ。メイド長が怒れば死んじゃうかも」

男「あなたは別にいいんですか?」

魔「いや、私としてはちょっとストレス解消に人を拉致ってみたかっただけだし。さらったからには奴隷くらいがちょうどいいかなって思っただけだから」

男「理不尽だなぁ」

魔「魔王ですから」

男「ですよね」

魔「ですよ。で、どうする?」

男「わかりました。奴隷でお願いします」

魔「オッケーです。じゃ、街掃除とトイレ掃除どっちがいい?」

男「街掃除っていうのは?」

魔「虐殺したあとに家屋とかに火をつけて回る役」

男「トイレ掃除で」

魔「ん。ちなみにうちのトイレ千個以上あるから気をつけてね」

男「なんとぉー!?」


【魔王「今日からお前奴隷ね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/19(水) 00:02:06 h7irDiHg
魔王城・魔王の間

側近「はい。今日一日私に魔王様の代わりをさせていただきたいのです」

魔王「そうか。でもなぜ突然そんなことを」

側近「先代魔王様の頃よりこの城でお仕えしておりますが、私も昔はやんちゃしていたのです」

魔王「そうなのか。とてもそうは見えないが」

側近「今は丸くなりましたからね。それまで負け知らずだった私を倒し、自分の部下になるよう誘ってくださったのが先代魔王様なのです」

魔王「なるほど、酔った父にそのような話を聞かされたことがあるかもしれん」


"
"

【魔王「今日一日魔王になりたい?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/15(水) 22:55:45.43 ID:vi6zbyQeO
魔王「では勇者、改めて旅立つが良い」

勇者「ははっ! 必ずや魔王を倒してまいります!」



【魔王「おお勇者よ、死んでしまうとは情けない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/24(金) 23:31:50.03 ID:1D8du5xF0
魔王「…勇者、居たのか」

勇者「ああ」

魔王「…しかし、お前、いいのか?仮にも魔王に手を貸すなど…む、そういえば貴様達の仲間はどうした?確か、武道家♂と商人♀と僧侶♀がいたはずだが…?」

勇者「…だよ」

魔王「…よく聞こえんぞ?」

勇者「あいつ等、付き合ってたんだよ…!三人で!武道家のやろうが二股かけてたんだよ!!」

魔王「あの筋肉バカが!?…だがこんな時期にバレては修羅場になるんじゃないか?」

勇者「俺もそう思ったさ!んで、商人か僧侶のどっちかを慰めてあわよくばとか思ったよ!…でも現実は違った…。あいつ等…3 するんだとよ…!くそっ!」

魔王「おのれ、忌々しい…!一人くらいこっちに寄越せば良いものを!」

勇者「ちきしょう…ちきしょう!」

魔王「…よし…滅ぼすぞ!クリスマスを!」

勇者「おうよ!」

魔王「リア充どもに…裁きの鉄槌を下す!」

勇者「クリスマスなんて…滅ぼしてやる!」

【魔王「クリスマス滅ぼす」 勇者「手伝おう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 20:01:40.95 ID:OxlP/1VlO
ロリ姫さま「だいぼうけんのはじまりなのじゃ!」

スライムがあらわれた!

ロリ姫さま「!」


【ロリ姫さま「魔王をたいじしにいくのじゃ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 17:20:29.54 ID:eqvzIa9T0
―魔王城―

魔王「よく来たな。勇者たちよ」ドンッ

女勇者「お前が魔王…ッ」

エルフ「あら、まぁ」

ダークエルフ「……」

ドワーフ「随分すんなり玉座まで来てしまったな」

魔王「……」


【魔王「勇者が弱すぎる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆UHKVNZzGwo :2013/10/30(水) 12:28:14.88 ID:rReasL7j0
<ご来店ありがとうございまーす!今日の割引セールについてご案内しまーす!
 ただ今12時28分!12時30分から開始でーす!
 肉ブースでは国産牛1パック200gで100円!
 野菜ブースでは一袋100円!!袋はこの大きさで、野菜なら何でも入れてOKですが、袋の口より上に出ているのはアウトです!!
 さらにこちらでは米1kgがなんと200円です!!売り切れ次第終了でーす!!
 ただ今29分でーす!


主婦A「始まったわね……今日も……来るのかしら……」

主夫A「当然だ。"奴"が割引セールを逃したことなんて一度も無いからな…」

主婦B「今度こそリベンジよ!!」

主夫B「……来たっ!!!!」

主婦達「!!!」バッ!


【主婦A「魔王が現れたわ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:30:57.83 ID:YDxiB2yG0
魔王「うっさいわ今勇者来とるから後でええねん!」

勇者「えっと、出直そうか?」

魔王「どうした勇者よ、我を前にして怖気づ「ごはん出来たでー!!」」

魔王「やから後でええって言うてるやろ!うっさいねん!」

勇者「・・・」

おかん「いらんのやったらもう下げるで!」

魔王「食うわ下げんなや!」

魔王「あっ、勇者一緒に食べる?」

勇者「えっ、いや・・・え?」


【魔王「クククッ、ついにここまで来たか勇「ごはん出来たで~!」」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/16(金) 16:37:33.54 ID:vX/YFzHL0
魔王「・・・嫌がらせか?」

側近「いいえ?そんなことはありませんが」

魔王「こんなに奥だと外出するとき面倒だろ・・・」

魔王「人間の王城は入ってすぐ王の間だったぞ?」

側近「ワープとかできないんですか?」

魔王「いや、魔王ってそんなに万能じゃないから」

【魔王「なんで私の部屋って城の一番奥にあるんだ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 03:08:20.51 ID:VIipSkfv0
側近「ですが今あなたがやってるのは世界征服以外の何物でもありません」

側近「どの種族の王より平和を望んでいた初代や先代は悲しんでおられるでしょう」

魔王「はぁ…あのね、私ら魔族はいくら強大な力を持とうと不死ではないの、わかる?」

側近「ええ、だからこそ彼らは弱き者の命を尊重し平和を望んだのではありませんか」

魔王「私も自分の命の大切さに気づいたからこんな事してるの」

魔王「わかる?」

側近「いいえ、失礼ですが理解に苦しみます」

魔王「ようするに、私はやりたいことをやってるの」

魔王「死後後悔しないようにね」

側近「ますます理解に苦しみます、あなたは殺戮がご趣味で?」

魔王「はぁ…めんどくさい……」

【魔王「ぶっちゃけ、世界征服とかどうでもいい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/23(火) 17:28:00.76 ID:qzOcvWBX0
魔王「あぁ……勇者可愛い……」

側近「あのー魔王様ぁ~?入りますよぉ?」

魔王「!!!ちょっと待ってろ!!」

側近「はーい」

魔王(勇者グッズをかたずけて…っと)

魔王「入っていいぞぉ」

ガチャリ

側近「魔王様 勇者一行がこの城に近くにいると言う情報が…」

魔王「そ、そうだな……」

側近「? 魔王様?顔がお赤いですよ?」

魔王「いや……その……少し赤面症だから……」 

側近「?」


【魔王「勇者……可愛いよ勇者ァ///」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/11(火) 12:05:01.22 ID:6a3J7GX80

魔王「あーまじだるい・・・。ポチポチ」

手下A「魔王様、お言葉ですがあと少しで人間滅ぼせますよ?ポチポチ」

魔王「いやさー、ぶっちゃけもうよくね?ポチポチ」

魔王「何か強そうな神に選ばれし勇者倒したし、ポチポチ」

バシーンッ!

魔王「ぶhんヵmcくぇ」

側近「お前ら働け」

魔王「なにすんの!側近ちゃん!」

側近「うるさい黙れ働け!」

魔王「えーめんどくさい・・・。」

手下A「側近ちゃんマジ怖可愛いポチポチ」







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1499742300

引用元: 魔王「侵略つかれたなう」 



  【魔王「侵略つかれたなう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 20:03:48.16 ID:y8QBkJm5O
側近「人間側からしたらそうなるのでしょうね」

魔王「確かに魔族は人間の土地を攻めて侵略もした」

魔王「でもそれもう二百年ぐらい前じゃん。わしの六代前の初代魔王のときじゃん」

魔王「なんでまだ引っ張ってんの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484478228

【魔王「魔族が悪いとか言う風潮あるじゃん?」側近「はぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆FJWxn4j5O6 2017/09/16(土) 23:04:37.94 ID:ZfOohHAE0
【人物設定】

御曹司
良家のお坊ちゃん。
人当たりの良い笑顔と容赦ない断捨離の手腕で業績を上げライバルを次々に蹴落とし、幹部登用されている。
出会い系が好き。人妻などの素人を、お金を使った豪華な雰囲気で落とすのが得意(決して金では買わない)
人間の屑。

ヒモ
厳しい親から遊びを禁止されて育った反動で、大学デビュー後に大人の遊びにハマり、就職に失敗。
そのまま、当時の彼女の家で主夫をやった後、自分探しの旅に出る。
自分を甘やかしてくれる年上が好き。尻が大きければなおよし。
人間の屑。

根暗
一流の大学を卒業し一流の企業に勤め一流の給金をもらうエリート中のエリート。
しかし、女性経験が無いために自分は負け組だと思っている。
負け組だ負け組だと自分を卑下する割には、改善しようとする気は全くない。
人間の屑。

ナンパ
営業成績全国1位の猛者。
1日百人に声を掛ければ契約は取れるがモットー。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの精神で何股もしている。
人間の屑。

マジメ
堅実に勉強し堅実に大学に入り堅実な会社に就職した。
マザコン気味で、風俗やギャンブルなど、母親が嫌がる危ない遊びには一切手を出さない。
巨乳の彼女がいるが、強烈に自己中な性格なので付き合ったことを後悔している。
実は人間の屑。

【人間関係】
5人とも同じ大学の同じサークルのメンツ。
職場はそれぞれ全く別。

【年齢順】
マジメ>御曹司=根暗>ヒモ>ナンパ


【本筋】

魔王「我の後継ぎを異世界から召喚しようと思う」

側近「はあ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505570677

引用元: 魔王「召喚したら」御曹司ヒモ根暗ナンパマジメ「「「「「来ちゃった」」」」」 



転生少女の履歴書 5 (ヒーロー文庫)
唐澤 和希
主婦の友社
売り上げランキング: 1,887
【魔王「召喚したら」御曹司ヒモ根暗ナンパマジメ「「「「「来ちゃった」」」」」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09(火) 19:27:06.99 ID:pHsslhTv0
側近1「……は? 今、なんとおっしゃられました?」

魔王「だからぁ、架空の伝説の剣を作って、そいつで勇者共を釣るかって話だよ」

側近2「え? え? 勇者??」

魔王「何だよ2ちゃん勇者のことしらねーの?」

側近2「知らない」

側近1「はぁ……ホントに貴方という人は、それでも魔王様の側近ですか」

側近2「失礼な! ヘッドハンティングされた優秀な側近だぞ!」

魔王「アホ具合が面白いから傍に置いてるだけなんだけどな」

側近2「ひどっ!?」

側近1「ふぅ……話を戻します。最近、魔王様を倒して魔物達を世界から追い出そうとするべく、勇者が仲間と共に旅を続けているらしいのです」

側近2「げ、やばいんじゃねそれ。ソースは?」

側近1「まだ噂程度です。人間達に広がっている噂を配下達が聞きつけました」

引用元: 魔王「架空の伝説の剣作って勇者釣ろうずwwww」 


勇者が死んだ!(9) (裏少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-08-10)
売り上げランキング: 670
【魔王「架空の伝説の剣作って勇者釣ろうずwwww」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 18:34:20.88 ID:NzDYK7L50
城下町



勇者「平和が一番だね~」

勇者「魔王は親父が若い頃に倒したし俺は何もすることねぇな」ゴロン

祖父「こぅらぁぁぁ!!!勇者!!」

勇者「うわ……面倒くせぇ」

祖父「勇者!修行はどうしたぁ!?」

勇者「ちゃんとしてきたよ。伝説の剣で素振りを100回でしょ?」

祖父「嘘をつくな!早く戻ってきすぎじゃろうが!」

引用元: 勇者「魔王が死んで魔物は緩やかに衰退しました」 

勇者が死んだ!(9) (裏少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-08-10)
売り上げランキング: 133
【勇者「魔王が死んで魔物は緩やかに衰退しました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆x.6zTnwIjo 2016/07/20(水) 08:20:22.25 ID:Ov+eE5uhO
【北の王国・最北の街】

勇者「おいおい戦士、酒は程々にしとけよ。明日に支障が出たらどうする。」

戦士「へっ。ここまで割と余裕を持って辿り着けたんだ。俺達なら大丈夫だろーよ。」グビッ

戦士「それに…」

魔法使い「それに?」

戦士「…もしも魔王の力が想像以上に強大だったなら、これが俺達の最後の晩餐になるかもしれねーんだからさ。」

僧侶「戦士さん…。」

決戦前夜…まさにこの日の為にある言葉だろう。
魔王城攻略を目前に控えた勇者一行は、最後の街で宿を取っていた。

戦士「なんつってな!負ける気なんてサラサラねーけどよ!」

勇者「…絶対に魔王を倒して帰ろう。4人で、誰も欠けずに、だ。」

魔法使い「ええ!私達に不可能はない…そうでしょ?」

僧侶「はい!怖くないと言えば正直嘘になります…でも、皆さんと一緒なら魔王にだって打ち勝つ事ができる…」

僧侶「私はそう信じています。」

戦士「僧侶は俺が守ってやるから、大船に乗ったつもりでいればいい。」

僧侶「えへへ。頼りにしてます。」

魔法使い「ひっどーい!私の事はー?」

戦士「お前は俺なんかが守らなくたって、こちらの勇者様が命懸けでも守ってくれるだろ。」ガハハ

勇者「…」///

【魔法使い「勇者愛してる」魔王「魔法使い愛してる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: >>1代行感謝 2012/09/14(金) 23:13:16.05 ID:bmalK8qN0

魔王「我は魔王」

魔王「魔王と言っても、まだ己の世界を持っていない雛魔王だけどな」

魔王「いや、魔王の卵という表現がもっと似合うのか?」

魔王「まだ127才しかなっていない我は魔王の中では魔王と呼ばれることも出来ない子供」

魔王「だけど、いつかは必ず立派な魔王になってみせる」

魔王「そして、今日はなんと、大魔王さまが各地の有名な魔王たちを集めさせて宴会を開く日だ」

魔王「無論己の世界すら配分されていない我が行けるような場所ではないが」

魔王「他の子供たちがそうであるように駄目と言われたらもっと見たくなる」

魔王「すごいだろうな、魔王たちの宴会…」

引用元: 魔王「いい魔王」 



【魔王「いい魔王」】の続きを読む

このページのトップヘ