えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

鹿目まどか

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 22:53:23.77 ID:JKShu7O40
ほむら「まどかぁ…まどかぁ…」スリスリ

まどか「ほむらちゃん…///、スリスリし過ぎだよぉ…///」

ほむら「今すぐ抱きしめたいわ…」ギュッ

まどか「もう抱きしめてるよ…ってほら、クンクンしないで…///」

まどか「みんなもなんとか言っt」チラッ


さやか「きょうこぉぉぉぉーーーー!」ダキィッ

杏子「マミさぁん…」ゴロゴロ

マミ「あらあら甘えん坊さんね」ナデナデ

まどか「」

まどか「…どうしてこうなった」

【まどか「お酒は二十歳になってから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 20:52:20.13 ID:PCYeYaDx0
まどか「いってきまーっす!」

まどか「あたい円要(まどかかなめ)!どこにでもいる平凡な女子中学生!ちょっぴり変わってるところといえば、男勝りって言われることかな!」

まどか「だけど、あたいの目指す道はかっこよさの果てにあるからね!かっこいいこそ正義!」

まどか「そう思うだろミキ!」

さやか「・・・ぇ、ぁ、はぃ」

まどか「こいつは佐屋加ミキ(さやかみき)。かなり引っ込み思案で根暗なんだけど、幼馴染でいつもつるんでるんだ」

まどか「お、あそこにいるのはー!ひとみーっ!」

ひとみ「・・・・・・」ゴゴゴ

引用元: まどか「魔道戦士かなめ☆マギカ、はっじまるぜー!!」 


 

【まどか「魔道戦士かなめ☆マギカ、はっじまるぜー!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:32:53.90 ID:Tax9mU3L0
-教会-

ほむら「久しぶりね、佐倉杏子」

杏子「よう、ほむら。久しぶり。
   アンタから連絡があるなんて、めずらしいじゃんか」

ほむら「ふふ、実はちょっとお願いがあってね……」

杏子「お願い?」

ほむら「教会を貸して欲しいのよ。その……挙式を上げるために」

杏子「マジか!」

【ほむら「鹿目ほむらになります」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 00:32:22.43 ID:AAm1q5U+0
――昼休み、屋上――

まどか「今日のおかずはハンバーグでーす」パカッ

さやか「お、いいなー。ねー、一口ちょうだい」

まどか「しょーがないなー。はい」

さやか「あーん」

マミ「あら、相変わらず仲がいいわね」

まどか「マミさん」

さやか「そりゃまどかはわたしの嫁ですから」キリッ

まどか「あはは……」

引用元: まどか「ごめん、さやかちゃん。今、何て?」 


 

  【まどか「ごめん、さやかちゃん。今、何て?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 先に言っておくとコメディです 2012/12/09(日) 20:18:21.73 ID:p6GOjE3s0
それはなんてことのない、いつものやり取りでした


----夜 まどホーム・まどかの部屋のベランダ----

ほむら「今日はお義父様もお義母様も義弟も出かけている。つまり、まどかは家に一人きり」

ほむら「この絶好のチャンス、逃す手は無いわ!」

シュバッ

ほむら「まどか、今日こそ●●●を頂きに来たわ!」

まどか「ほむらちゃん!?毎日毎日、もうやめてよ!」

ほむら「諦めない!何日繰り返そうとも、私は諦めないわ!」

ほむら「まどか、必ずあなたの●●●を奪ってみせる」

まどか「ワルプルギスを倒すのに使ってた情熱をそんなところに向けないで!」

ほむら「さぁ、●●●を頂戴!」

まどか「話を聞いて!」

【まどか「ほむらちゃんが死んじゃうなんて・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/09(土) 22:00:11.52 ID:u2gePdO+O
まどか「ねえ、さやかちゃん」

さやか「んー?なにさ?」

まどか「わたし、決めたよ!」

さやか「え?決めたって…何を?」

まどか「意地悪!」

さやか「えぇ?あたし何かまどかに悪いことしたっけ?」

まどか「えっ?」

さやか「よくわかんないけど、とりあえず謝るわ」

さやか「ごめんっ!」

まどか「違うよ!さやかちゃんは何も悪くないって」

さやか「あ、やっぱり?んじゃ何が意地悪なの?」

引用元: まどか「ほむらちゃんに意地悪したい」 


 

  【まどか「ほむらちゃんに意地悪したい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 00:40:18.81 ID:GQH66RKN0
12月某日 マミ宅―


マミ「いらっしゃい。あがって」

まどか「おじゃまします~」

マミ「本当に久しぶりね。何年ぶりかしら」トテトテ

まどか「最後に集まったのって私が高2の時だから……」

マミ「約3年ぶりね。まったく時が経つのって早いわ……」

まどか「そうですね~」

マミ「本当に、見ないうちに」

まどか「へっ?」

マミ「変わってしまったわね……」チラチラ

まどか「やめてください! 恥ずかしいです……」カァァ

マミ「最近忙しいの?」

まどか「そうなんですよ~レポートは書いても書いても終わらないし!」

まどか「ゼミの集まりの飲み会とか続いて……こんな情けない姿に……」シクシク

マミ「あるある。わかるわぁ」

まどか「マミさんもそんな経験あるんですか?」

マミ「私も入学したての頃、仲良くなった友達と一緒に遊びすぎて一時期激太りしちゃったなんてことがあって……」

まどか「えっ」

【さやか(20)「まどかがダイエットぉ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) 2011/08/30(火) 01:20:29.65 ID:/lSdo+6Z0
○「……どこだ、ここは……。俺は、生きている……のか?」

○「ブラックホールに飲みこまれたが、なんとか意識のあるコアは無事だったようだな……」

○「しかし、またこのような姿に逆戻りしてしまうとは……」

○「くそ、Drめ……このままではすまさん!」コロコロ

○「とにかく、セルメダルを集めねば。人間の寄り代が必要だな……」コロコロ

○「む、あれは……?」

【まどか「なんだろこれ、メダル?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 22:42:12.25 ID:6VCV6nty0

ほむらちゃんがチョコレートを作っているのを、わたしは十四人いる使い魔の子達の中に混ざりながら見ていた。

ほむら「……」

ほむらちゃんはせっせと手を動かしてチョコレートを作っている。その手際はてきぱきしていて、無駄がない。こういう調理にも、性格というものは現れるらしい。

まど神「……」ジー

偽街の子供達「……」ジー

わたしは使い魔の子達と一緒にほむらちゃんをじいっと見ているけれども、ほむらちゃんに私の姿は見えていない。見える見えないの問題じゃなくて、たぶん鹿目まどかだったころのわたしが引き裂かれた後の概念のわたしを見る気がないから見えないんだと思う。

それはちょっと悔しい。

まど神「むぅ」

ほむらちゃんがどうしてこの日にチョコレートを作っているのか。それを考えると、概念らしくもなくちょっとした羨望が湧く。

ヒガミ「?」

ほっぺたを膨らませていると「どうしたの?」とでも言いたげな顔で、使い魔の子のうち一人がわたしを見る。

お団子を二つ作って、おしゃれなシルクハットをかぶった子だ。

まど神「ううん。なんでないよ」

ヒガミ「……」

首を横に振ってごまかすと、その子は興味がなくなったようですぐに視線をほむらちゃんの手元に戻した。

使い魔の子達はわたしのことをきちんと認識できる。ほむらちゃんと違って。

【まど神「悪魔ちゃんバレンタイン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 11:11:11.25 ID:cnYBUWf4o
ショッピングモール

さやか「おーい、まーどかー」

まどか「さやかちゃーん」テテテッ

さやか「おー、たくさん買ったねー」

まどか「ほむらちゃんと見てたら色々と欲しくなっちゃって。ごめんね、待った?」

さやか「そーだなぁ。15分は待ったから、お昼はまどかの奢りってのはどう?」

まどか「えー?」

さやか「あはは、うそうそ」

杏子「あたしらも今着いたところだから、心配すんなよ」

さやか「ちょ、バラさないでよぉ」

まどか「二人も良い買い物できた?」

杏子「おう!」

さやか「杏子ってば、お菓子しか買ってないんだよね。普通、こういうところに来たら服とか買わない?」

杏子「別にいらねーし。あたしはさやかのお下がりでいいぜ?」

さやか「私は古着屋じゃないってばぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488507070

引用元: まどか「私たち、エレベーターに閉じ込められちゃった?」 



 

【まどか「私たち、エレベーターに閉じ込められちゃった?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:28:56.57 ID:GIPTBJs+0
 

マミ「ティロ・フィナーレ!」ズドォーン

魔獣「ウボァー」シュウウウ

さやか「やった!」

なぎさ「どうやら今のが最後の一体だったようなのです」

杏子「よーし。これにて撤収だな」

マミ「それにしても、最近は魔獣の数もずいぶん少なくなったわね」

さやか「それだけ世界が平和になってきてるってことじゃないですかね」

杏子「でも不思議なんだよな。魔獣の奴ら、数が減ってからはいつも同じ時間帯に現れてる気がしてならない」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384781336

引用元: まどか「バンドを作りたいと思う」 


 

魔法少女まどか☆マギカ アルティメットまどか (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2012-12-27)
売り上げランキング: 7,288
【まどか「バンドを作りたいと思う」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: ◆bvqVN1tP96Fx 2015/02/02(月) 00:03:23.32 ID:NQSmJWZx0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ここはよくある普通の剣と魔法のファンタジーRPGの世界 

                   そしてここは見滝原 


                   物語はここから始まる


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【まどか「その考え!人格が悪魔に支配されている!」【高橋邦子】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/18(火) 21:30:08.58 ID:v+08z2wN0
まどか「正直に言うと……ちょっと重いかなって」

ほむら「え……」

まどか「気持ちは嬉しいんだよ? でも私、女の子だし……」

ほむら「……ごめんなさい。まどかのこと、もっと考えてあげれば良かった……」

まどか「ほむらちゃん……」



ほむら「やっぱり、ダンボールいっぱいのチョコは重いわよね」

まどか「女の子が持てる重さじゃないよほむらちゃん」

魔法少女まどか☆マギカ アルティメットまどか (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2012-12-27)
売り上げランキング: 5,928
【まどか「チョコを貰ったけど……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:20:35.03 ID:bdfEBMC90
まどかの部屋


ほむら「…」グテー

まどか「ねーほむらちゃん」

ほむら「ん」

まどか「今日はなにしよっか?」

ほむら「…お昼寝」

まどか「えっ」

引用元: まどか「ほむらちゃんとまったり休日」 


 

  【まどか「ほむらちゃんとまったり休日」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:50:26.14 ID:7S6mm9xb0
2話の冒頭あたり

----マミホーム・リビング----

まどか「あなたの言ってること全然分からないよ・・・」

さやか「暁美ほむら、って転校生のこと?」

さやか「何で魔法少女の話を聞きに来たのに転校生の話になってるのよ」

マミ「これがソウルジェム。QBに選ばれた人間が契約によって生み出す宝石よ」

マミ「魔力の源でもあり、魔法少女であることの証でもあるの」

さやか「いや、スルーして説明続けないでくださいよ」

QB「僕は君達の願い事をなんでも一つ叶えてあげる」

さやか「あんたもスルーしないでよ」

QB「何だって構わない。どんな奇跡だって起してあげられるよ」

さやか「・・・」

QB「でも、それと引き換えに出来るのがソウルジェム」

QB「そして魔法少女になると、誰か一人。別の人物に変身できるんだ!」

引用元: QB「まどか、僕と契約して暁美ほむらになってよ!」 



 

【QB「まどか、僕と契約して暁美ほむらになってよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/09(月) 18:53:21.27 ID:nCyGcpOy0
杏子「うざい奴にはうざい仲間が…あ?」

さやか「止めないでまど…え?」

まどか「やめてあんこちゃん!こんなのおかしいよ!」

【まどか「あんこちゃん!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 20:01:46.82 ID:q56OuIq+0
とある魔女結界―――

さやか「てやっ!」ザシュッ

魔女「―――」ブゥンッ!

さやか「っと!」ヒラリ

バチンッ

さやか「え?」ワサワサ

さやか「あ、あああぁぁぁ!!あたしの髪留めがあああ!!?」

魔女「―――」

さやか「くそっ、先に魔女を倒してから……っ!」ズバンッ

魔女「!!」ボロボロ…

さやか「結界が崩れる前に回収回収……っと」ヒョイ

引用元: まどか「さやかちゃんって、いつもその髪留めしてるよね」 


 

魔法少女まどか☆マギカ 美樹さやか (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2012-07-13)
売り上げランキング: 61,443
【まどか「さやかちゃんって、いつもその髪留めしてるよね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 01:16:34.09 ID:Cb+NE8a6O
まどか「…」コックリ

まどか「おっと…」

まどか「ふう危ない、ほむらちゃんが起きちゃう…」

ほむら「すぅ…すぅ…」

引用元: まどか「ふぁ…ねむいなぁ」 


 

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語【通常版】 [DVD]
アニプレックス (2013-07-24)
売り上げランキング: 14,760
【まどか「ふぁ…ねむいなぁ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 17:30:23.63 ID:lkQ7Oc6g0
まどか「今日はどこにいこっかな、ルーレットスタート!」

まどか「パージェッロ、パージェッロ!」

まどか「えいっ」ドスッ

まどか「おっ、見滝原だ。一週間ぶりの地元か」

「ちょっと待った!」

まどか「えっ。ちょ、ちょっとさやかちゃん。この部屋入っちゃダメって言ったでしょ」

引用元: まどか「まど神様の総回診始まるよ~」 


 

【まどか「まど神様の総回診始まるよ~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:39:07.72 ID:NJuIa7N30
さやか「……あいつは生きてちゃ駄目なんだ。
    まどかには、事故に遭って死んでもらわないといけない!
    そういう運命だったんだよ!」

ほむら「ふざけないで!まどかは生きてる、このまま生き続ける!」

さやか「……もうこれ以上話しても無駄だよ。
    本当はほむらを説得したかったけど……無理みたいだね」

ほむら「当たり前でしょう……。まどかを殺すなんて、そんなこと、許せるはずがない。
    どうしても行くと言うのなら……
    私があなたを、今すぐ殺してあげるわ。美樹さやか」

【ほむら「さやか、あなた……まどかを殺すつもりね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/10/17(水) 22:27:05.51 ID:xLH+Z3TCo
うぇひひひっ! このお話は、わたしと杏子ちゃんが仲良くするだけの簡単なお話だよっ!

まどかと杏子がメインなSSです。
ネタが被ってたり、違和感があったらごめんなさい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1350480425

【まどか「杏子ちゃん、それはちょっと食べすぎじゃない……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 23:11:05.83 ID:OVDKQv3JO
さやか「え……?過去……?」

まどか「ん?」

【まどか「過去、未来、全ての魔女を私の手で消し去りたい!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 22:31:52.58 ID:9jJhsW8u0
まどか「魔法少女になる!」

QB「それが君の願いかい?」

まどか「うん、さやかちゃんの体を元に戻して…」

QB「君の願いはエントロピーを凌駕した」パァァァ

まどか「くっ…うぅ……」

QB「さあ、受けるといい、それが君の…」

QB「魂だ」



【まどか「さやかちゃんの為ならいいよ、私…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 21:34:00.19 ID:daJfN01S0
QB「それが君の願いかい、鹿目まどか?」

まどか「うん…さぁ叶えてよキュウベエ!」

ほむら「……」



【まどか「大丈夫……いつでも一緒だよ、ほむらちゃん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 00:07:16.26 ID:Nv71anQp0
まどか「わたしモモチーム」

ほむら「なら私もまどかと同じよ」

まどか「おんなじだー」

あんこ「あたしはりんごさんチームだ!」

さやか「おさかなチーム……」

まみ「まみはどうしようかなー?」




【まどか「ほむらちゃんとおひるね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/10/11(木) 21:20:07.42 ID:1bkAYFhDO
――――――――――――【201X年8月某日早朝 東京駅】――――――――――――

さやか『そ、この間テレビで見てさ、面白そうだったからやってみたくなっちゃってね。
   で、今日はまどかたちが東京に行って帰ってくる日だから調度良いかな~、って』

ほむら「なんで貴女の思い付きを私たちがやらないといけないのよ。
   だいたい何で私たちのスケジュールを貴女が把握してるの? ダマッテタノニ…」

さやか『ふっふっふ、さやかちゃんの情報網を甘く見て貰っちゃ困るなぁ~(ドヤァ』

まどか「……ほむらちゃん、ゴメンなさい」ペコリ

ほむら「……ああ、話しちゃったのね。うっかり……」

まどか「私、東京に行くの二度目くらいで……、嬉しくて、つい……」

ほむら「仕方ないわ。まさか話した相手がこんな馬鹿な事を考えてるだなんて誰も思わないもの。
   まどかが気に病む事はないわ。悪いのは全部あの馬鹿よ」

さやか『あの~ほむらさん? いくらあたしでもそこまで馬鹿呼ばわりされると傷つくんですけど……』

ほむら「あら、自分の事だと言う自覚はあったのね。ショウジキイガイダワ」

さやか『ナチュラルに酷いよこの人!?』





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1349958006




【【安価と】まどか「サイコロの旅?」【コンマで】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

まどか「まどか☆マギカで名作童話!」 

まどか「あなたが落としたのはどのQB?」マミ「…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 15:19:33.23 ID:T/Mo2CNeP
見滝原という町に杏子という魔法少女がおりました。

杏子は、見滝原に住む他の魔法少女たち、マミやさやか達と本当は仲良くしたいと思っているのですが、
気持ちのすれ違いから嫌われておりました。

杏子「よお、おまえら、魔女退治に行くのか?」

マミ「……佐倉さん。また縄張りを奪いにきたの?
今日は使い魔退治よ。あなたは魔女以外とは戦わないんでしょう?」

さやか「どうせあなたはグリーフシードが欲しいだけなんでしょう。
あんたみたいな奴、同じ魔法少女だと思いたくないのよね。」

杏子「……いや、だって一度魔力が使えなくなったら
魔女を倒すこともできなくなるし、そしたらグリーフシードも手に入らなくなっておしまいじゃねえか。
使い魔退治にいちいち力入れたって意味ないだろ?
だからそのなんならあたしもてつだ……」

マミ「何をたくらんでいるのか知らないけど、もう私たちに関わらないでちょうだい」

さやか「それ以上近づかないでよね!」

【ほむら「「泣いた赤鬼」を慰めてあげたかったの」杏子「…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 00:12:08.63 ID:Nv71anQp0
ほむら「そう……」

まどか「どうしようほむらちゃん……私、怖い」

ほむら「まどか……」

まどか「私の気のせいだよね……きっと、そうだよね……」

ほむら「ええ、気のせいよ……心配しないで私が保証するわ」

さやか「なんであんたが保証するんだ?」

ほむら「絶対にあなたを救ってみせる」



【まどか「トイレに立つと視線を感じるの……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 まどか「まどか☆マギカで名作童話!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 10:46:35.74 ID:T/Mo2CNeP

見滝原という町にマミという魔法少女がおりました。
マミは仲間と一緒に魔獣を退治して、街の平和を日々守っておりました。

マミ「……今日も瘴気が濃いわね。暁美さんたちに手伝ってもらえばよかったかしら」

QB「頑張って、マミ!」

キュウべえはマミを契約によって魔法少女にした張本人です。

マミは交通事故にあって、両親を失った際に、自分も死に瀕したため
生き延びることをキュウべえに願い、代わりに魔獣を退治する魔法少女になったのでした。




【まどか「あなたが落としたのはどのQB?」マミ「…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 21:04:35.57 ID:V7EyQybuP

ほむら「最初のお話は「裸の王様」よ」

まどか「はじまりはじまり!」



【まどか「まどか☆マギカで名作童話!」】の続きを読む

このページのトップヘ