えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

Fate

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆ofir7ZeOpE 2017/04/30(日) 19:01:57.54 ID:OBA0Epok0
アハト「アヴァロン無くしたからこれで召喚して」

切嗣「・・・」

アハト(グラーフちゃん召喚して欲しくてアヴァロンを遠坂に売ったなんて口が滑ってでも言えない)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493546517

【問おう、貴方が私のアドミラル(マスター)か?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆bU0CD2Homw 2017/01/07(土) 21:20:28.28 ID:LuvPvywV0


「――――っつ」

 目を覚まして、最初に感じたのは猛烈な腰の――というか、身体中の痛みだった。
 痛い。とにかく痛い。
 ただ寝転がっているだけで、ミシミシと軋むような痛みがある。
 試しにごろんと寝返りを打ってみたら、あまりの痛さに声を上げるところだった。
 恐る恐る体勢を整え、改めてゆっくりと横ざまに寝直す。
 これじゃまるで、油の切れたロボットだ。
 当分はマスターとしては役に立たないだろう。

「――――」

 視界いっぱいに広がる、十代半ばの女の子の寝顔。
 色素が薄めの白い肌は、触れるとぷにぷにと心地よい弾力を返してくる。
 戦闘時には頼もしく引き締まる桜色の唇も、今では可愛らしく半開きのままだ。
 その小さな隙間に、人指し指あたりをそっと差し込んでみたいという衝動を、

「えい」

 特に我慢せずに解き放った。
 つぷ、と割れ目に押し入った指先が、生暖かい肉の温もりに包まれる。
 指の背と腹を淡く擦る歯の感触さえも、何だかものすごくいやらしく感じてしまう。

「ん……」

 と、口元から小さく喘ぐような声が漏れ、どくんと心臓が一拍すっ飛ばす。

「ダメですよ、先輩……汚いですよ、そんなところ……うふふ」

 しかし、次に続いたのはいまいち要領を得ない寝言だった。
 幸い、まだ彼女はまどろみの中にいるようだ。



【【FateGO】ぐだ男「マシュ初め」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆2NzEzomrKA 2017/02/01(水) 22:31:07.264 ID:7cX/xHwV0.net
セイバー「稽古はここまでにして、食事を取りましょう」

士郎「いててて……ああ……そうするか……」ムクッ

セイバー「シロウ、今日は何を作るんですか?」

士郎「そうだな……今ある材料的に考えると……」

士郎「うん、>>3とかいいんじゃないかな」

【セイバー「シロウ、それはそれとしてお腹が空きました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆2NzEzomrKA 2017/01/29(日) 00:25:11.727 ID:/MKY/Tdk0.net
セイバー「シロウ?」

士郎「………………さっき食べたじゃないか」

セイバー「いや、あれでは足りなくて……」

士郎「………………チッ」

セイバー「し、シロウ……あの……お腹が……」

士郎「……………………」

士郎「>>2でも食えば良いだろ……」

【セイバー「シロウ……お腹が空き……」 士郎「…………………………」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆2NzEzomrKA 2017/01/27(金) 22:26:20.081 ID:l7p1Rx2U0.net
セイバー「正直に白状します、食事の量が全然足りません」

セイバー「今まではシロウに迷惑がかかると思って自重してきましたが、もう限界です」

セイバー「このままでは空腹のあまり間違いを起こしてしまいそうです」

セイバー「シロウ、お願いしますから追加で何かを食べさせてください」

士郎「そんな事を言われてもなあ……」

士郎「仕方ない……>>2なら食べていいぞ、セイバー」

【セイバー「シロウ、食事をください」 士郎「さっき食べたじゃないか……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆2NzEzomrKA 2017/01/25(水) 22:47:07.637 ID:V9nhHys30.net
セイバー「いや、倒れそうと言うよりすでに倒れています」グギュルルルルルル

セイバー「おまけに、迅速に何かを食さなければ消えてしまいそうです」グギュルルルルルル

士郎「そんなことを夕飯を食べた後に言われてもな……」

セイバー「あー、消える~消えてしまう~」グギュルルルルルル

士郎「仕方ないな……>>2でも食べたらどうだ? セイバー」

【セイバー「シロウ、空腹で倒れそうです」グギュルルルルルル 士郎「えぇ……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/10(火) 04:05:08.78 ID:BBIAV/D50
ぐだ子「あははは、大丈夫ですよ、私は女の子ですし、そちらとは状況が違います」

ぐだ男「あの三人にはそんな理屈は通用しないよ」

ぐだ子「またまた~、びっくりさせようとしてるんでしょ?」

ぐだ男「いや、本気で忠告してるんだ」


ザッザザザッ


ぐだ子「あ、そろそろ通話限界時間だ」

ぐだ男「いいかい?どんな甘い言葉をザザザッされてもザザザザザザッ」

ぐだ男「油断ザザザザザザザザッ」


ザザザザザザザザザザザザザザザッ


ぐだ子「じゃあ、またね」


ピッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483988708

【ぐだ男「あの三人には気をつけろ」 ぐだ子「え?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/27(火) 21:57:46.56 ID:xsulvMP5O
ガバ知識、終局までのネタバレが入ります。それでも良ければ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482843466

【セイバー「最終決戦ですか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/15(土) 23:23:10.20 ID:5HIgcuSt0


おき太「と言うわけで約一年近い感覚を空けて帰ってきましたよ!」

ノッブ「わしらが居る限り安泰のFGOじゃしな!」

ちゃりん娘「いや、ホント毎度なんなんです? このシリーズ大分前に終わったと思うんですけど」

おき太「いえいえ、そこはアレですよ、最近復刻イベントとかリメイクとかがお盛んでしょう?」

ちゃりん娘「ああ確かに、帰ってきたネロ祭りにライト版ハロウィン復刻イベントとか、Zeroイベあたりから入ってきた新規の方には嬉しいですね」

ノッブ「そ・こ・じゃ! つまり~? これは~?」


【ノッブ・おき太「帰ってきたFate/ぐだお出張版!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆LYNKFR8PTk 2016/08/15(月) 17:59:40.31 ID:r4SNUaLO0
ゼファー「そういえば俺達が元の世界(ここ)に帰る前に色々貰ってたね」

ヴァシュロン「ああ……まず最初にお前に見せるのは……」ゴソゴソ

ゼファー「……」

ヴァシュロン「お宝D・V・D!!」

ゼファー「結局そのDVD持って来たんだ」

ヴァシュロン「当たり前だ、男なら見るだろ? 浪漫だろ?」

ゼファー「……リーンベルは?」

ヴァシュロン「風呂」















リーンベル「~~~♪」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471251579

【ゼファー「ヴァシュロン、それは?」ヴァシュロン「小牟婆さんから貰ったお土産だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/07/01(金) 21:50:23 jwFHsKkM
時空は適当です

商店街
セイバー「・・とはどのようなものなのですか?」

店主「ほう。これはお嬢さん、お目が高い。これはとても便利なものだ。まさしく一家に一台の代物と言える」

セイバー「む、お前は言峰綺礼」

店員「これを使えば料理の負担が大幅に減ることは間違い無しなんだからー!プレゼントなんてしちゃったらすっごく喜ばれると思うよー?」

セイバー「む、イリヤスフィールまで」


"
"

【セイバー「全自動卵割り機?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1 ◆UXyc2Tr3tWVF 2015/06/18(木) 01:19:28.13 ID:aCJMil9fo

士郎「なんかおかしいような……」 

のおまけ部分が独立したもの
前スレは終わらせちゃったし

キャラ崩壊……というか時間とか空間とか全部ごったまぜの『ありえない話』

バーサーカーが狂化してなかったりする
一話完結だから話に繋がりはない

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434557958

【士郎「おかしな世界で」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/30(水) 15:17:40.746 ID:oIEO8+f+0.net
切嗣「……アイリ。すまないがもう仕事の時間で」

アイリ「いいわ。こうなったら嫌でもコミュニケーションをとってもらうわよ」

切嗣「アイリ…?」

アイリ「切嗣、愛してるわ♪ 原稿用意してあるから、お城の客間に来て」

切嗣「原稿…?」

【アイリ「切嗣、いい加減セイバーとコミュニケーションをとって」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/01(火) 06:33:02.05 ID:QFZdJbFCo
セイバー「もう…もう…!」ハァハァ

士郎「耐えるんだセイバー…!」

士郎「この『柱に括り付けられた状態からの脱出マジック』用の縄をほどけば…!」グイグイ

セイバー「士郎…!早く…逃げないと…!」ハァハァ

セイバー「もう…エクスカリバーを…押さえ切れません…!」ハァハァブルブル

エクスカリバー「」ゴォォォォォォ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456781581

【セイバー「士郎…もう限界です…っ!」士郎「耐えてくれセイバー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/19(金) 23:01:03 TDLOfj72
衛宮邸
ライダー「シロウ、バイトに行ってきます」

凛「私もちょっと家に用事かあるから帰るわね」

士郎「ああ。行ってらっしゃい」

桜「せんぱぁい♪私もお夕飯の買い物に行ってきますね!」キャピ

士郎「悪い、桜。よろしく頼む」


"

【セイバー「黒セイバー?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 00:13:51.67 ID:U0uonKIU0
ぐだお「約束された勝利の剣(エクスカリバー)を使うんだ!」(死んだ魚の眼

リリィ「マスター違います!私の宝具は勝利すべき黄金の剣(カリバーン)です」

ぐだお「すまなかった、約束された勝利の剣(エクスカリバー・モルガン)だったな!」(死んだ魚の眼

リリィ「ですから違います、マスター!」

プシュゥゥゥ(扉が開く

エミヤ「ん?どうした、セイバー?」

ぐだお「行けー。すいてんn…」ドカッ

キャットからの無言の跳び蹴り

キャット「今、他のナインの技が聞こえたような気がするが気のせいか。ご主人、こんな所で寝ているとは…私も寝るのだ」

【【Fate/go】ぐだお「約束された勝利の剣を使うんだ!」 リリィ「...」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆fKRLdK7X5t3a 2015/02/14(土) 18:08:07.81 ID:hNOM2gJp0

?「キャラ崩壊・世界観崩壊が苦手な方は、回れ右かなーって」

?「アイマスとFateのクロスなの!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423904887

【あずさ「あらあら、可愛らしい女の子発見」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/18(水) 23:43:41.39 ID:7PCSD6mx0
~冬木の教会~

派遣魔術師「言峰氏ー!」

言峰綺礼「おや、魔術教会本部の。本日はどうなさいました?」

魔術師「はい。ご相談がありまして―」

言峰「冷蔵庫のマーボー豆腐は死んでも渡しませんよ」

魔術師「いや、そうじゃなくて」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447857821

【【Fate】聖杯戦争~愛と便秘と尻子玉~】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/17(木) 20:47:07.316 ID:YXmaHBNV0
田中「英霊を呼び出したらいいんでしょお?」

山根「ども」

田中「んもぉ!なぁんでお前が出てくんの?」

山根「いや、一応僕英霊なんで」

田中「初耳だよぉ?!」

【アンガールズ田中「聖杯戦争ぉ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/14(月) 13:02:50.54 ID:ayZ7UuUv0
―聖杯戦争―

それは、魔術をつかう魔術師による、ある儀式の一つ

7人の魔術師が、それぞれ一つずつ『サーヴァント』と呼ばれる使い魔を使役し、殺し合う

剣の英霊・セイバー

弓の英霊・アーチャー

槍の英霊・ランサー

騎兵・ライダー

魔術使い・キャスター

暗殺者・アサシン

狂戦士・バーサーカー

殺し合いの末、生き残った者が奇跡の代物、聖杯を手にする

聖杯を手にしたものは、どんな願いも叶うといわれている

今、聖杯戦争の火ぶたが、切って落とされようとしていた

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442203370

【【fate】士郎「もう俺が脱ぐしかない!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/26(水) 21:31:04.13 ID:uGypWDs7O

Fate島

兄貴「新メンバーの紹介だ! カモン!」

バゼット「……」ドキドキ
カルナ「……」
ディル「どのような方でしょうか」
ヴラド「ウハハハハハ!!」

兄貴「新メンバーはコイツだ――」


兄貴「  ローマ担当! ロムルス!!  」


ロムルス「―――― ロ ー マ ! 」


 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440592264

【【Fate】ロムルス「ここにローマを建国をする」【YARIO】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: それでも動く名無し 2023/07/25(火) 02:01:25.28 ID:lEFGkNU60
fgoもstayよりも全然面白い

【fateてzeroが一番面白くね】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: それでも動く名無し 2023/07/22(土) 06:44:45.70 ID://+ZFn/a0
最優の割にやられまくっとるやんけ

【fateのセイバーさん強いのか弱いのかよくわからない】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/29(金) 22:51:49.29 ID:W5XPcTObO
士郎「今日のおやつはこれ、駅前の店で売ってる午前中にいつも売り切れてしまうショートケーキ」

セイバー「ショートケーキ・・・」ゴクリ

士郎「じゃあセイバー」
セイバー「はい!いたd」

士郎「待て」

セイバー「き・・・?」

士郎「・・・」

セイバー「シロウ?」

士郎「・・・」

セイバー「・・・いただk」
士郎「待て」

セイバー「食べてはいけないのですか?」

士郎「・・・」

セイバー「シロウ!」

士郎「待て」

セイバー「・・・」

【士郎「セイバーの前におやつを置いて待てと言ってみる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:37:58.56 ID:JOvWzHNE0
アーチャー「そんなもの言われなくとも分かっている」

凛「なら当然知ってるわね?これが何のカードかっての」

アーチャー「そいつは…高橋和希原作の遊戯王から登場しているカードバトル

゛デュエルモンスターズ゛をベースにしたアニメシリーズ内で登場したカードであろう?」

凛「正解。へー以外、案外結構知ってるじゃないの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433587068

【【Fate】アーチャー「凛、何だそれは…」凛「《アチャチャアーチャー》よ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 22:04:42.82 ID:UYUR2Qbg0

龍之介「旦那ぁー!今日はどこへ連れて行ってくれるのさー!?」

キャスター「ふふ……龍之介ェ、今日はとっておきの場所に龍之介を導きますよ」

龍之介「クゥ~~~~、楽しみだぜ旦那ぁ!!」

キャスター「ほらほら、解けてる靴紐を縛って……さぁ行きますよ!龍之介ェ!!」

龍之介「しゅっぱーつ!!」

―――――
―――
――

龍之介「旦那、ここが旦那のとっておきの場所か?」

キャスター「そうですよ龍之介ェ……ではさっそく……」

龍之介「?」

キャスター「ゴホン……」

ガララッ

キャスター「おばぢゃーん゙!!このジル・ド・レェ、再びやって参りましたァー!!」

【キャスター「あーッ!龍之介ェ!駄菓子屋さんに着きましたよぉ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 22:00:18.12 ID:sZPhu3jq0
ーーーーーーーー
ーーーーーーーー
~数日後~

のび太「うわぁ~ん、ドラえも~ん!」


ドラえもん「どうしたんだい?」


のび太「うっうぅ泣、イリヤも切嗣も可哀想だよ~」

ドラえもん「なんの話をしてるのか僕にはわからないな.....話を聞いてあげるから落ち着きなよ、のび太君」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433768408

【のび太「Fate/Zero?面白そうなタイトルだな~。見てみよう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/ でVIPがお送りします 2014/03/16(日) 00:58:31.96 ID:q2OOUTLH0
ウェイバー「本来食事なんて必要な栄養素を摂取できればいいと考えてたけど、ジャパンに来て考えが変わったよ」

ディルムッド「ええ。それに戦に臨む前に食すもので士気の高まり具合も変わろうというものです」

ウェイバー「僕はこんな忠臣を持てて幸せだよ」

ディルムッド「もったいなきお言葉…」

ウェイバー「よし、聖杯戦争の前だ、景気付けにお前も食えよ。好きだろ、スシ」

ディルムッド「ありがたき幸せ」

【ディルムッド「我が主よ、今宵はスシでも…」ウェイバー「いいねえ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 20:33:53.21 ID:PePEvjwD0
セイバー「これは・・・?」

アイリ「ああ、強力なサーバントの魔力にあてられてしまったのね。魔術師として並み以下の魔力耐性しかなかったから幼児退行したのよ」

切継「ひなだお!」

セイバー「マスターはひなという名なのですか?」

アイリ「いいえ。ひな・・・、日本の名前ね。彼に関係のある人物かもしれないわね」

セイバー「マスターがこれでは・・・。一体どうしたら・・・」

切継「おいたんだえ!?」

セイバー「私はセイバーのサーヴァントとして現界した、アーサー・ペンドラゴン。イングランドを統べる王です」

【セイバー「──問おう。貴方が私の」切嗣「おいたんだえ!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/10(木) 13:23:02.06 ID:Dd1xkwa40
 その日、クウガという存在は死んだ。

「駄目だ、五代さん! もう変身しちゃ――!」

 背後から声。少年――衛宮士郎の絶叫。
 ここ数週間の生活で、ずいぶんと耳慣れたその声。
 五代雄介は彼に背を向けたまま、誰にも見せることなく微笑んだ。

 ――心配はない。彼のような、心から他人の幸福を願い、立ち向かえる後達がいるのなら。
 もはや、この身に未練はなく。

 腕を掲げた。

 左拳は秘石の横へ。右手は宙を切るように左上へ伸びる。

 眼前の悪なる存在を見つめ、立ち向かうためのキーワードを唱えた。

「……超変身!」



【五代雄介「聖杯戦争…」】の続きを読む

このページのトップヘ