えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

P

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/22(木) 20:05:04.49 ID:a4/7mkuFO
『ドジっ娘のハンバーガーショップ店員』

春香「いらっしゃいませー!」ニコッ

P「あ、ども」

春香「ご注文お決まりでしょうか?」キラッ

P「えーっと…765セットで、ドリンクはコーラお願いします」

春香「わあっ!765セット、私もだーい好きなんですよぉ!」キラキラッ

P「あ、そうなんですか」

春香「店内でお召し上がりですか?」

P「いえ、持ち帰りで」

春香「お持ち帰りですね!しばらくお待ちくださ…きゃっ」ドンガラガッシャーン

P「あっ!だ、大丈夫?」




【P「タイプ別ハンバーガーショップ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 21:10:32.02 ID:WcAA8XB50
ガチャ

春香「ただいまー」

P「おかえりー」

春香「あれ?プロデューサーさんまだいたんですか?」

P「まだいた、とは……?」

春香「え?今日は響ちゃんの撮影の方観に行くって言ってませんでした?」

P「あっ!忘れてた!」

春香「早く行かないと響ちゃんすねちゃいますよー」


 

  【P「若年性アルツハイマー?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 21:21:10.50 ID:g2zFRLJh0
P「落ち葉、だいぶ集まったか?」

やよい「いっぱい集めましたぁ!」

P「うし、このくらいでいいか」

P「火をつけるぞ」

やよい「はい!」


パチパチ


P「んん、いい感じ」

やよい「あったか~い」

【P「やよいも」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 20:40:45.94 ID:N29+zEmE0
765プロ事務所内

亜美「兄(C)遊んで→!」

亜美「スマブラやろうZE→!」

P「あのな、俺は仕事だ。お前らも自主的にレッスンするとかしろよ」

亜美「やだよそんなの、つまんない」

真美「レッスンは律っちゃん軍曹のシゴキだけで充分だYO!」

P「ったく……とにかく駄目だ駄目だ。大人しくしてろ」

亜美「兄(C)のけち→!」

真美「フトコロの浅い男はモテないZE→!」

【P「ど根性貴音」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 21:35:27.82 ID:In7HdikS0
P「うん、やったな貴音!まさか招待されるとは!」

貴音「沖縄!二泊三日の沖縄なのですね!?」

P「おう!」

貴音「響の故郷の!!」

P「そうだ!」

貴音「あ、あぁ……あぁ!!響が、響が招待を受けていないのが残念でなりません!!」

P「あぁ、そうだなぁ…でもこればっかりはな」

貴音「ですがわたくし、響の分まで沖縄を堪能いたします!!」

P「フェスタがメインだからな?」

貴音「心得ております!ふぇすたがめいん!!」

P「はははテンションたかいなぁ貴音」

貴音「響のご実家にご挨拶に行かねば!!」

響「や、やめてぇ!」

【貴音「あなた様!しゃいにぃふぇすたでございます!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 01:17:31.78 ID:rKRFmgw70
春香「おはようございまー……あれっ、何してるんですか?」

春香「あぁ、なるほど。そっか、それで……」

春香「ええ?そうですねー、最初に聞いた時は思わず意識が抜けてっちゃいましたね!」

春香「冗談とかじゃなくて、ほんとにほんとに。しばらく帰ってきませんでしたから」

春香「え?メッセージ、ですか。んー、強いていうなら、そうですねぇ」

春香「二人共、お幸せに!だけど私達のプロデュースも、手を抜かないでくださいよ!」

春香「え?普通?いや、だって……ええ?芸人じゃないですよ!アイドルですよ、アイドル!」




【P「律子と……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 15:14:09.99 ID:rcij/Uoa0
響「えっ…なにどうしたんだ…?プロデューサーなんかイライラしてない?」

P「してない。黙ってこっちきなさい」

響「う、ちょっと怖いぞ…」オズオズ

P「はい、ココ座って」ポンポン

響「えっ!?そ、そこってプロデューサーの膝の上…」

P「いいから」イライラ

響「うぅ……」ビクビク


 

【P「あークソもう…ちょっと響こっちこい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 13:15:19.11 ID:HA5nInbv0
春香「あ、おはようございます」

P「うん」

春香「本当に来てくれたんですね。嬉しいです」

P「うん」

春香「今日も張り切って仕事しますんで、よろしくお願いします」

P「うん」

春香「それじゃ少し早いですけど行きますか悟空さん。しゅっぱーつ」

P「……うん?」

【春香「プロデューサー!早くきてくれーっ!たのむー!」P「何だ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 02:22:28.73 ID:H5Nl/VYz0
P「なんで…四条さんがウチの事務所にいるんだ?」

千早「なんでしょうか、どっきりか何かですか?」

P「だって、彼女は961プロだろ?」

千早「言ってることがよく分かりません」

P「俺にも分からないんだ…」




【P「あ、あれ…?」千早「どうしました?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 23:33:05.60 ID:Yqxo9sQgo

伊織「おっ、おはよ……」ガチャッ

小鳥「おはよう伊織ちゃん♪」

P「おっ、おはよう伊織!」

伊織「お、おはよう……」ボソッ


小鳥(あら? 二人の間に流れる空気が微妙な雰囲気……?) 



 
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 05水瀬伊織
水瀬伊織(CV:釘宮理恵)
日本コロムビア (2015-06-03)
売り上げランキング: 38,632
【小鳥「伊織ちゃんとプロデューサーさんのバレンタイン」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 16:43:12.47 ID:U+dhfuYk0
亜美「兄ちゃーん、ヒマだよーぅ」ゴロゴロ

P「そうか。 俺は忙しいぞ」カタカタ

亜美「兄ちゃーん、退屈だよー」ゴロゴロ

P「俺も楽しくはないな」カタカタ

亜美「ちょっと休憩しよーよー」ゴロゴロ

P「もう少ししたらな」カタカタ

亜美「さっきからそればっかじゃーん」ロゴロゴ

P「これも仕事だからな」ターン

引用元: P「最近亜美が抱き着いてくる」 

 

【P「最近亜美が抱き着いてくる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 22:11:51.34 ID:w+7Hv6uT0
P「んなアホな」

ぴよぴよ「それが本当なんです。ほら、私飛べるでしょう?」フヨフヨ

P「ほんまかいな……じゃああデスクでよだれたらしながら薄い本読んでるぴよぴよは……」

小鳥「ピヘヘ」

ぴよぴよ「小鳥さんです」

P「あの、小鳥さん?」

小鳥「ぴっ!?」

P「あまとう×Pなんておぞましい本読んでないで真面目に考えてください。765プロの危機ですよこれは」

小鳥「ぴっ! ぴー!」

ぴよぴよ「『ちがいます、これもアイドル研究の一環です』だそうです」




【P「ぷちどるとアイドルたちが入れ替わった……?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:02:32.27 ID:tChM1R+f0
P「ははは、またまたご冗談を」

北斗「それが冗談じゃないんですよ」

P「いやいや、ありえん。美希がおにぎり叩き潰すよりありえない」

P「そんな事よりツッコミたいのは何で当然のように事務所にいるのかって」

翔太「信用できないなら実際に観察してもらったほうが早いかもね」

P「無視かよ」




【P「冬馬が大人の階段を昇った?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 モバP「とりとめのない話」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/04(日) 20:50:19.67 ID:OddqUgO10

・おはよう

美希「おはよう!」

美希「……」

響「……zzz」
貴音「……zzz」
P「……zzz」

美希「みーんな寝てるの……」



【P「さらにとりとめのない話」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆BbJ4W5q7C6 2015/01/13(火) 14:20:55.82 ID:rbM0f19a0
>>2「実は……>>4」

モバマス、グリマス、Mマスの子たちはわかりません……

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421126455




【P「>>2、何悩んでるんだ?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 00:24:46.21 ID:sJHSkSJZ0
Mission1「最近かわいくなったな」
対象:千早



千早「おはようございます、プロデューサー」

P「おはよう千早。……歌詞のチェック中か?」

千早「はい。今日は待ちに待った新曲のレコーディングですから」

P「ああ、千早楽しみにしてたもんな。でも、まだちょっと時間があるな」

千早「では、何かお飲みになりますか?」

P「できれば何かつまむ物も欲しいかな」

千早「分かりました。少し待っていてください」

P「ありがとう。そうだ、俺もその歌詞見せてもらっていていいか?」

千早「ええ、もちろん」

【P「はるちはに実験」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

P 「律子と二人」 

P「律子と三人」

P「律子と五人」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 23:16:45.91 ID:8kTbuTVi0
 
小鳥「おはようございますー」

あずさ「あら~今日は小鳥さんだけですか?」

小鳥「朝早いですからね、私も今来た所です」

あずさ「あら?ああ、今日は迷わなかったからこんなに早く着いちゃったんですね~」

小鳥「そうなんですか?いつもより二時間以上早いですけど」

あずさ「ふらふら~っと、つい……」

小鳥「あ、あはは……あ、そういえばあずささん。聞きました?」

あずさ「え?何をですか?」

小鳥「プロデューサーさんと律子さんの話ですよ。まだ聞いてませんか?」

あずさ「……あらあら」

……。

【P「律子と八人」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/03(土) 00:07:07.43 ID:L4dW0BpQ0
「明日はまた一段と冷え込み、冬本番を感じさせる気温になるでしょう。所によっては、雪がちらつくかもしれません。」

テレビから流れる天気予報を聞きながら、Pは窓の外に目をやる。

冬特有の澄んだ空を、下弦の月に照らされた雲が足速に流れて行く。

吹き抜ける風はとうに温かさを失い、肌寒く感じる季節になっていた。

P「いよいよ冬だな。」



【春香「冬本番ですね。」 P「ああ。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02(金) 14:27:34.24 ID:JvNuulMQ0

千早『こんなに短い衣装だなんて……聞いてません……!』


P「って感じで、グイグイって必死にスカートの丈を伸ばそうとしてたらどう思う?」

春香「かわいい」

P「だよなぁ……」


千早「……」

【P「たとえば千早にミニスカート穿かせてさ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 21:51:32.12 ID:dw6D0b4DP
あずさ「すみません、いつも迷惑をかけて……」

P「いえいえ、いいんですよ。そこまでがお仕事というか、あずささんを迎えに行くときのお約束と言いますか」

あずさ「そうですか……?」

P「むしろそれがなくなったら物足りなくなるという感じで!」

あずさ「私は、迷った方がいいんですか?」

P「あ、いやそういうわけじゃないんですよ? でも気にしなくていいんです、仕方ないですから」

あずさ「はい……」


あずさ「はぁ、本当に困ったわねぇ……」

律子「どうかしたんですか?」

あずさ「あ、律子さん。いえ、そのこの方向音痴がどうにか直らないものかと思いまして……」

律子「あー……でも、気にしなくていいんじゃないですか? あずささんのはその、いい方向に行くときもありますし」

あずさ「自分で迷う分には構わないんですけど、他の人に迷惑をかけてしまうのが、どうしても……」

律子「まあ、確かにそうですね……目的地に着くまでは頑張ってそのことだけ考える、とか?」

あずさ「なるほど……やってみますね。ありがとうございます、律子さん」

律子「いえいえ、頑張ってくださいね。逆に言ってしまえば、あずささんの弱点はそれくらいなんですから」

【P「あずさ2号」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 00:10:00.96 ID:gqjVxgoT0
P「頭が重い・・・ 風邪ひいたみたいだ。」

P「こんな早朝じゃ事務所にかけても誰も出ないだろうし。」

P「とりあえず、>>5にでもかけてみるか。」




【P「安価でアイドルに看病してもらう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

P 「律子と二人」 

P「律子と三人」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 00:41:39.84 ID:erIsafL10
 

響「はいさーい!今日も元気にいこー!」ガチャッ

貴音「おはようございます。響は真、元気が良くて……」

響「どんな時でも元気よく!ってな!アイドルの基本さー」

貴音「良い心掛けです。ですが、今は余り……」

響「え、何かマズイ時に来ちゃったか?」

貴音「あれを……」

律子「……」

P「……はぁーあ」

小鳥「あの、えっと……」

響「な、何さ、あの空間は……」

貴音「私も今来た所で……」



【P「律子と五人」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:21:44.98 ID:ttONp/ho0
P「あぁ…なんでそんな日にかぎってオフなんだ…」

P「社長も変な気を回してくれなくてもいいのに」

P「まぁ、もういいや今日は寝よ」

P「明日はTSUTAYAにでも行ってこよ」




【P「明日はクリスマスか…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 P 「律子と二人」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:07:15.44 ID:5EAAdgmf0
 

P「参ったな」

律子「参りましたね……」

P「参った……」

律子「まさかですよね……」

小鳥「ハレ  です!ハレ  ピヨ!」

P「まさか小鳥さんに最初から見られてたとは……」

小鳥「事務所であんな……あんな……ピヨー!」

律子「どうしましょう、プロデューサー殿……」

P「まぁ、黙らせるしかないな……」




【P「律子と三人」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 19:37:03.93 ID:0z+/KuXw0
高木「諸君、明日は修学旅行だ!念のために注意事項をもう一度――」

春香(そうなんです!ついに明日は待ちに待った修学旅行!)

高木「――以上。くれぐれも他校との揉め事は避けてくれたまえ。876は問題ないとは思うが961――」

春香(美味しい食べ物!観光!地域のお土産!温泉!夜のお喋り!移動の時間も色々楽しみだなー)

春香(旅行先で芽生える恋とか……キャー!!)



春香「……」ホワホワ

千早「春香、もうとっくに話終わったわよ」

春香「あ、あれっ?」




【春香「プロデューサーさん、修学旅行ですよ!修学旅行!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 08:38:24.08 ID:wz1fiZ3Y0

やよい「え!?」

P「500円をあげるよ。ほら、遠慮しないで」

やよい「で、でも……500円なんて大金、受け取れないですー」

P「大丈夫。これはね、いつも頑張ってるやよいへのご褒美なんだから」

やよい「……ゴホウビ……」

P「そうだよ。さあ、これで卵でも買いなさい」

チャリンチャリン

P「それじゃあ、俺はこれで」タタッタ

やよい「あ……行っちゃった……」




【P「ほうらやよい。500円をあげよう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:21:12.92 ID:ry+EGzGn0
P「は? アイドルパワー?」

春香「はい! 今月もやってきました、アイドルバトルですよー」

P「アイドルバトル? なんだそれ?」

春香「はい、アイドルで殺しあいます」

P「ほう」

春香「アイドルのみが持つ力、『アイドルパワー』を使って、レッツバトルです♪」

P「アイドルバトルってのは初めて聞いたし、当然『アイドルパワー』なんて物も初めて聞いたんだが」

春香「えー、本当ですかプロデューサーさん!?」

P「うん」




【春香「プロデューサーさんアイドルパワーですよ、アイドルプァワァ―」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 01:57:35.73 ID:1abpCNhS0
響「よろしくだぞ」

美希「ふぅーん、頑張ってね」

響「美希も一緒に頑張るさー!」

美希「ミキ、疲れるの、や」

響「でも頑張らないとアイドルやっていけないさー……」

美希「あ、じゃあミキの代わりに頑張って?」

響「よし、自分に任せろってなんでさー!」

美希「むぅ、さっきから声大きいの。
事務所ではもうちょっと静かにした方がいいって思うな」

響「ご、ごめん……とにかく、一緒に頑張るさー」

美希「はいはい、頑張る頑張る」




【響「自分がプロデューサー? 完璧にこなしてみせるさー!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 15:55:12.55 ID:9cvB7pqX0
昔々あるところに、高木爺さんと小鳥婆さんが住んでいました

高木爺さんは山へ芝刈りに、小鳥婆さんは>>3に行きました

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420959312




【P「桃太郎」【安価】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 21:35:40.98 ID:NvU2Ap/pO
P「親父が倒れたって聞いたから、一週間の休暇を貰って実家に戻ってた訳だけど……
アイドル達に何も言わなかったから、皆怒ってるだろうなぁ」


P「……まあ、その辺りは社長と小鳥さんが説明してくれてると信じよう。うん」




社長「ふふふ……」
小鳥「ぴよぴよ」


 

  【P「アイドル達に何も言わずに仕事を休んで今日で一週間か……」】の続きを読む

このページのトップヘ