えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

QB

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 20:08:51.41 ID:PzNGGnUL0
--ほむらの家--

QB「んっしょんっしょ……よし」

ほむら「……キュゥべえ。そんな大きな袋に赤い帽子までかぶって……何をしているのかしら?」

QB「見てわからないのかい? サンタクロースだよ」

ほむら「それは分かるけど……」

QB「魔法少女達のメンタルケアもかねてね。僕達がプレゼントを配る事によって魔法少女のソウルジェムの濁りを抑える事が出来る。それにそれとは別に新たな魔法少女を見つける事も目的の一つさ」

ほむら「……あなた達そんな事やっていたの……?」

QB「……そもそもサンタクロースの正体は僕達だよ」

ほむら「……え?」

QB「僕達は普通の人間には見えないし、プレゼントを配るにも人数は充分だ。何せ僕達は世界各地にいるんだから」

ほむら「……えぇえ!? じょ、冗談でしょ!?」

QB「冗談に決まってるじゃないか。何を言っているんだい?」

ほむら「……」

QB「無言で首を掴まないでくれるかな。個体一つ失ったところで僕達に支障はないけど、勿体ないじゃないか」

ほむら「あなたがくだらない冗談を言うからよ。ていうかあなたいつ冗談なんて言う事を覚えたのかしら?」

QB「僕達は日々人間の感情を研究しているからね」

ほむら「……まぁいいわ。今後一切私の前でそんなくだらない事はしないと約束してくれない?」

QB「やれやれ、君達は僕が冗談を言うといつも同じような……いたた、力を強めないでくれ……わかったよ」

QB「……などと茶番をやってる暇はないんだよ。早くプレゼントを配りにいかないと」

ほむら「あ、そっちは本当だったのね」

QB「うん。僕の管轄は……まぁいつものメンバーだね」

ほむら「まどかになぎさにさやかに杏子にマミ……。……一応言っておくけどまどかやなぎさに変な事をしたら」

QB「しないよ。役割だからプレゼントは配るけど魔法少女に勧誘はしない。したいけど、君にこの世界から消滅されてしまってはたまったものではないからね」

ほむら「……分かっているのならいいけど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419419321

【QB「メリークリスマス!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 00:30:51.65 ID:1tnHQpjQ0
マミ「ふぅ紅茶が美味しい…はぁ、今日も暇ね」

QB「それは夕方に言うセリフじゃないよ」

マミ「夕飯の買物は昨日まとめ買いで済ませてるし」

マミ「掃除も洗濯も昼前には済んだし…」

QB「一人ティータイムも昼から4回目だしね」




【マミ「QBとだけお茶するのもいい加減マンネリよね…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 21:20:14.80 ID:pbx49BoF0

―――――アメリカ・ニューヨーク州 MIB本部


Z 「エージェントK、エージェントJ。楽しい楽しい『休暇中』だったというのに、急ぎ本部まで来てもらってすまないな」

J 「いいや、おかげさまでエンジョイはしてたぜ。Z」

J 「どっかの『頭のとんでる』野郎が、標高8000メートルの山頂に仕掛けた水爆級の代物を撤去するには――」

J 「それなりにハイキングも『楽しめなきゃ』、損ってもんだからな」

K 「Z. 結局、目標場所に『犯エイリアン』の証拠はなかったが、そちらで足どりは掴めたのか?」

Z 「その件も兼ねてなんだが……君たち二人はジャパンに飛んでくれ」

J 「……オイオイ、いきなりどういうことだぁ?」

K 「Z?」

Z 「うむ。どうやら今回の事件は、ジャパンの『ミタキハラシティ』という場所となにか密接に関わっているようなのだ」


引用元: QB 「MIB……?」K 「インキュベーターは」J 「バンバンだ」 


 

  【QB 「MIB……?」K 「インキュベーターは」J 「バンバンだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆4P.KmW/GlSvm 2014/12/01(月) 01:56:51.98 ID:2tjPuZgC0
?月?日 風見野・屋台


杏子「へぇ、女神様ね。それでアンタは女神を人間に堕とした悪魔ってわけか」

ほむら「そうよ」

杏子「でもそれっておかしくない」

ほむら「なぜ?」

杏子「だってさ、その女の子は元々普通の子で、アンタはそれを元の正しい形に戻した。それだけの話じゃないのか」

ほむら「そんな単純な話じゃないの。ちゃんと聞いてた?」

杏子「与太話を聞いてやってるんだ。自由に言わせてくれよ」

ほむら「ラーメン奢ってるじゃない」

杏子「辛気臭い自称悪魔の話に釣り合ってるとは思えないね」

ほむら「あなた少し欲張りになったわね」

杏子「悪魔ならケチくさい事いうなよ」

ほむら「はぁ」

ほむら「悪魔ほど取り引きでケチをつける者はいないわ」

杏子(変わったクラスメイト。いつも疲れた顔をしていて、現れたり消えたりする神出鬼没な奴)

杏子(最初気にも止めていなかったのに、さやかがコイツと顔を合わせる度に不機嫌になっちまって自然顔と名前を覚え

ていた)

杏子「それで」

杏子「アンタは満足したわけ?」

ほむら「ええ、とても」




【QB「出来の悪いピノッキオ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/17(月) 16:46:17.06 ID:+m7DEHWg0
QB「どうして僕が人間に? まさか、何かの魔法なのか?」

QB「もしそうだとすれば、これはかなり高度な魔法だね。契約時の願いにも相当するレベルだ」

QB「でも、その願いに何の意味があるんだろう。僕を人間にするメリットは……」

QB「………………」

QB「……さっぱりわからないよ」





【QB「朝起きたら人間になってた……」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/17(月) 21:31:25.14 ID:hr92bco60
QB「宇宙の維持に君たちのエネルギーなんて必要ないんだ」

まどか「え、それってどういうこと?」

QB「こういうことさ」

QB「カァッッッ!!!」

まどか「!?」ビクッ

宇宙の寿命が1億年延びた!

QB「ほらね」




【QB「宇宙の維持に君たちのエネルギーなんて必要ないんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/10(日) 00:16:20.18 ID:O7DilR5V0

 時は永祿五年。
 これは、見滝原を治める大名家『鹿目家』の騒動を描いた物語である。



 鹿目家の現当主、鹿目知久は民に善政を敷き、慕われる大名であったが、いかんせん戦下手であった。

 その鹿目家が周辺の国家から侵略されずに済んでいたのは、正室であるお絢の方や、優秀な家臣団のおかげであった。
 

 その中でも三勇将と呼ばれる3人の女武将と一人の名軍師、いわゆる『鹿目四天王』の力が大きい。








【九兵衛「僕と契約して、戦国大名になって欲しいんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/26(土) 22:32:04.52 ID:Mi/x8C5N0
『うぅ………』


ハァ…ハァ…


『動けない…苦しい……』


ハァハァ……ハァ……


『パパ…ママ…』


ボォォォォォ ガシャン


『プレゼント…が……何か、眠くなってきちゃった』


ヒョコッ


「やあ―――――――かい?」






【キュゥべえ「魔法少女マミ☆マギカ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 21:01:58.37 ID:Qwc2q2JMO
マミ「~♪」コトコト

マミ「さて、味見を…」

マミ「うん、美味しい!」

マミ「ふふっ、これなら三樹さんも鹿目さんも喜んでくれるわよね?」

マミ「あとは来るのを待つだけね」

キュゥべえ「マミー」

マミ「あっ、キュゥべえ」

キュゥべえ「ただいま」

マミ「おかえりなさい」




【キュゥべえ「さすがマミ!ボクの下僕!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 22:15:00.05 ID:EJgD73/Z0
まどか「そうだよね。一瞬おこったのかと思ってびっくりしちゃった。QBは宇宙人だもんね。感情だなんて、劣等な精神疾患もってるはずないもんね」

ほむら「そうよ。まどか。誇り高いインキュベータ、高等な宇宙知的生命体であるQBが、たかだか、冷やし中華の上に乗ってるささみの代わりにされたくらいで怒るはずがないわ」

QB「そうだよ。きれてない。全然、きれてないからね。僕のかわりなんかいくらでもあるわけだし。でも、ほむらのマンションから、コーヨーまでって歩いて五分くらいだよね。改めて、買い出しに行くって選択肢はなかったのかな」





【QB「きれてないよ。感情のない僕をきれさせたらたいしたもんだよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 08:17:03.69 ID:G2xyMbst0

マミ「おはようQB。準備はいいかしら」

QB「ああ。もちろんだよ、マミ」

QBはマミさんと一緒に住んでいます。

QBは宇宙からやって来たインキュベーターです。

宇宙の寿命を延ばすために魔法少女の契約をするのが仕事です。

マミ「それじゃ、行きましょうか」

QB「うん」

QBはマミさんと一緒に学校へ行きます。

マミさんの学校には大口契約できそうな逸材がいるので営業をかけたいのです。

どうしていつもついて来るのか、マミさんは聞いたりしません。

今までのようにQBと一緒に行くのが当たり前だと思っているからです。





【マミ「やさしいQB」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆uLE2ADvlTM 2012/12/07(金) 01:37:31.45 ID:1xSZhRHOo
「いやあ、大漁でしたね!」

 ニャルラトホテプは、満面の笑みを浮かべてそう言った。

「それはいいけど、でもなんでわざわざ見滝原まで来る必要があるんだよ。
 漫画くらい、地元の本屋でもアニメショップでもいくらでも買えただろ」

 一方の八坂真尋は、不機嫌そうな声でそう返した。

「何を言ってるんですか真尋さん。見滝原店限定のペーパーがついてくるんですよ!」

「だからって、平日の放課後に……ってのはないだろ」

「もう、わかっていませんね真尋さん。発売日に買いに行かなければ、売り切れてしまう
じゃないですか!」

「ごめん、わからない。お前という存在が」





【ニャル子「キュゥべえ、私と契約しなさい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/28(木) 00:39:07.41 ID:Rin3VdJo0
ほむら「嫌です」

QB「頼むよ、覚えたての遊びをしてみたいんだよ」

ほむら「巴マミとしてなさいよ」

QB「彼女は今鏡3つの前で食事をするのに忙しいんだ」

QB「友達が3人目の前に居るように見えるんだって」

ほむら「箱の魔女ばりの精神攻撃やめてよ」

QB「ごめん、しりとりするから許して」

ほむら「そんなにしたいの?」

QB「したいのしたいの」フリフリ

ほむら「気持ち悪っ」

QB「傷つくわ」

ほむら「なんかごめん」

QB「うん」 




【QB「しりとりしようよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 18:21:46.89 ID:pWdSuCWa0

ほむら「また……勝てなかった」

ほむら「これで何度目かしら? 彼女を救えなかったのは……」

ほむら「巴マミを生かし、美樹さやかの魔女化を防ぎ、佐倉杏子の協力を得てもなお届かない」

ほむら「いったいどうすれば……あの夜を越えられるの」

ほむら「いえ、悠長に考えている暇はないわ。今は少しでも、今までにしてこなかった“何か”を探さなくちゃ」



――夜の街中――

ほむら「とは言ったものの、ワルプルギスの夜を倒すための手段なんて見当もつかないわね……」

ほむら「とりあえず誰かに会いに行こうかしら。例えば今のうちから佐倉さんに協力を……」

ほむら「えっ? この感覚……」ピクン

ほむら「魔女!? こんな時期に?」

ほむら「こんなに早く魔女が現れるなんて今までになかった……」

ほむら「行ってみましょう。新しい何かの切欠があるかもしれない」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412932896




【QB「キミは何を願う?」ウル「消えて無くなれよ、今すぐ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 17:29:14.80 ID:KnFkxzUw0
まどか「マミさん!!助けて!!」

マミ「どうしたの?」

まどか「キュゥべえが……!!」

マミ「え?」

QB「まどかぁぁぁぁぁ!!!!!!魔法少女になってよぉぉぉぉぉぉお!!!!!!!」グルグルグル!!!!

マミ「円を描くように走ってくる?!なにあれ?!」

まどか「キュゥべえ……です」

マミ「ちょっと!!落ち着いて!!」

QB「うわぁぁぁぁぁ!!!!どうして!!!こんなに懇願しているのに魔法少女になってくれないのさぁぁぁぁぁ!!!まどかぁぁぁ!!!」グルグルグル!!!

まどか「こわい……」

QB「まったくわけがわからぁぁぁぁぁぁないよぉぉぉぉぉ!!!!!!!」





【QB「僕と契約して魔法少女になってよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」ジタバタ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/20(水) 20:19:20.86 ID:+O2tMIZoO
――転校前の病室
ほむら(いつもと同じ病室。同じ日付。そして同じ苦い記憶)

ほむら(だけど魔法が使えない。ソウルジェムも見当たらない)

ほむら(体。体はどうなっているのかしら?)

ほむら「……」ツネリッ

ほむら「…………痛い」

ほむら(痛覚を遮断出来ない。つまり今の私は生身の体)

ほむら(あれ? でも視力や運動能力は魔法少女になったときと同じくらいね)

ほむら「いったい、どういうこと?」




【ほむら「QBが消えた。どういうこと?」まどか「幸せな日々、だよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/09(火) 20:39:16.73 ID:w+xhzJ8h0
マミ「さ、キュゥべえ。今日のお夕飯よ。ここに置いておくわね」

キュゥべえ「ありがとうマミ、助かるよ! 今日はキャットフードかな? ドッグフードかな?」パタパタ

キュゥべえ「…………」

キュゥべえ「あれ? ……食器が空だ」

キュゥべえ「……どういうことだろう? ……マミ。マミ!」

マミ「どうしたの、キュゥべえ。……あら、もう食べ終わったの? お腹が空いてたのね、ふふ」

キュゥべえ「違うんだ、最初から空だったよ。マミの間違いじゃないのかい?」

マミ「キュゥべえったら、そんな嘘をついてまでおかわりがほしいのね。でも、食べ過ぎると太っちゃうわよ」

キュゥべえ「信じてくれ、マミ。僕は嘘なんか……行かないでくれ、マミ! お腹がぺこぺこなんだ!」




【キュゥべえ「まどかが僕に気づいてくれない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 17:38:53.54 ID:sJg8x+JJ0
QB「その方が都合が良いからだよ」

まどか「いや、理由じゃなくて原理の方」




【まどか「なんで普通の人にはキュゥべえが見えないの?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1◆h0mTIOy3Gs 2014/10/04(土)21:51:00 ID:iC8R7mEC7
*モンハンのモンスター、アイテム、システム等はP2GとP3を元にしています
*基本的にはまどマギ本編のストーリーに沿って展開します
*まどマギの公式設定は守っているつもりですが、差異があれば教えて下さい
*ただし公式で言及されていない部分については独自の解釈が出てきます






【QB「僕と契約して、モンスターハンターになってよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:43:36.59 ID:SarKMWEN0
QB「困った、この状況は想定していなかった。

解析がすんでいない今はまだうかつに動けない。

なにより、誰かに見られたくない。

動けないマミのためにグリーフシードをストックしておかなければ。

魔女退治も誰かに……」






【QB「巴マミに重大なエラーが生じた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: ◆iCtkvfDqRw 2016/09/21(水) 20:19:18.44 ID:6WkSV5OYO




世界は二回の改変を受けた。

だけど、エントロピーの増大による宇宙の終焉を防ぐ計画そのものに支障はない。

この宇宙に存在する、条理を捻じ曲げる力の多くは暁美ほむらと鹿目まどかに集約されることになった。

だが、彼女達が宇宙の危機を見捨てず、そして救う力を持っているのならば彼女達に重要な役割を任せればいい。



現在、鹿目まどかはその力を封印され、暁美ほむらだけが大きな力を振るうことが出来る。

彼女が吹聴する悪と愛で宇宙を救うことが出来るというのなら試してみるがいい。

僕等がこの惑星に降り立った時から、星全体に満たされていたその感情を宇宙全体に拡散させることが出来るならやってみればいいんだ。







----

引用元: QB「言い訳になるけれど」 


 

  【QB「言い訳になるけれど」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:48:50.23 ID:xM7x8nFq0
QB「なんなのあの暁美ほむらとかいう貧乳。すごい邪魔なんだけど」

QB「邪魔だよね。彼女が邪魔するせいでまどかと契約出来やしない」

QB「僕達にちょっかい出す暇があるのなら豊胸体操でもしてればいいのに」

QB「マミがよくつまづいてたのってやっぱりおっぱいが邪魔で足下が見えなかったのかな」

QB「エロイよね。なんかそれエロイよね。男の夢じゃね?」

QB「お前感情発生してね?」

引用元: QB「どうしたらまどかと契約することが出来るか会議~」 


 

  【QB「どうしたらまどかと契約することが出来るか会議~」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆hLNbQg6EspwH 2014/09/21(日) 22:11:21.68 ID:1oqazRxS0

QB「……というわけさ。どうだい?」

マミ「どうだい?って言われても……」

まどか「よく分からないかなあ」

ほむら「もう少しちゃんと説明してくれないかしら?」

杏子「さやか、ポテチ取って」

さやか「あんたはもう少しちゃんと話を聞けっ!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411305071

引用元: QB「魔法少女の戦闘訓練」 



【QB「魔法少女の戦闘訓練」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆S2v70Cg8NY:2014/07/05(土) 16:58:53 ID:c8vcNkOc
QB「君に友達なんていたっけ?」

マミ「私の目の前にいるわ」

QB「いつから僕と君は友達になったんだい?そもそも僕は人間ですらないじゃないか」

マミ「どうしてあなたは種族の違いなんて些細なことにこだわるのかしら、全く訳が分からないわ」

QB「僕の口調を真似しないでくれないかい?」

マミ「こっちの方が分伝わりやすいでしょ?」 




  【マミ「私の最高の友達」QB「訳が分からないよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

前回 QB「暁美ほむら、僕と契約して魔法少女になってよ!今なら・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 19:17:11.99 ID:0ppKC7ZJ0
QB「前回の契約失敗から1週間」

QB「様々なオマケを試行錯誤し、その中でも特に好感触だった等身大マミフィギュア」

QB「これを契約のオマケに付ければきっと大丈夫だよね」

QB「さあ、暁美ほむら。君と契約させてもらうよ!」

QB「・・・」

QB「とりえず見せに行ってみようかな・・・」


※QBはメガほむ勧誘のための契約特典を試行錯誤中です

引用元: QB「ついに等身大マミフィギュアが完成した」 




【QB「ついに等身大マミフィギュアが完成した」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 15:53:14.57 ID:9LTzI0j80

喫茶店 キャンデロロ


カランカラン

まどか「こんばんわー」

マミ「いらっしゃい、鹿目さん」

杏子「いらっしゃいな」

まどか「時間間に合ってよかったー」

マミ「まだだれも来てないから大丈夫よ」

引用元: ほむら「Ten years after」 QB「十年後」 


 

  【ほむら「Ten years after」 QB「十年後」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : ◆bvqVN1tP96Fx 2014/09/09(火) 21:36:14.10 ID:tIruzG0i0



このSSは


暁美ほむらが将棋のルールを覚えるまでを克明に綴った大長編スペクタクル


である。




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410266164



【ほむら「将棋ですって?」QB「君ならプロになれるよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) 2011/03/19(土) 21:02:38.20 ID:Vpfm+ia40
『仮面ライダーW 魔法少女のM/探偵のララバイ』

引用元: 仮面ライダーW「さあ、インキュベーター! おまえの罪を数えろ!!」 



【仮面ライダーW「さあ、インキュベーター! おまえの罪を数えろ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 2012/08/06(月) 22:48:45.98 ID:LBJXDZH90
QB「海だ~」

恭介「海だね」サイダーウメー

QB「人だ~契約だぁ」

恭介「止めろよ」トウモロコシウメー

QB「冗談だよ」

恭介「で、なんで僕が君と海で遊ばないといけないんだい?」

引用元: QB「僕と一緒に海に遊びに行こうよ」 




【QB「僕と一緒に海に遊びに行こうよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 13:09:39.95 ID:n+SmjsaCP
ほむら「くっ……ちょこまかと」

QB「だって逃げないと襲われるじゃないか」

ほむら「いくらでもスペアがいるなら、少しは殴られなさいよ!」

QB「ゴルフクラブで叩かれたら痛いだろう!?」

ほむら「こうなったら……! あっ、鹿目まどか!」

QB「えっ、どこどこ、今すぐ僕と契約を!」

ほむら「もらった……ッ!! 私はほむら、プロゴルファーほむら!!」

シュッ カァァーーーーッッン

QB「おうぎゃああああ」

ほむら「しまった、飛ばしすぎた」

チャポン

ほむら「公園の噴水にホールインワンね……」

シャララララ

ほむら「な、なに……噴水が輝いてる……これは、ソウルジェムが反応してる!!」

女神「あなたが落としたのは、金のキュゥべえですか? それとも銀のキュゥべえですか?」

引用元: QB「やあ、僕はきれいなキュゥべえ」 




【QB「やあ、僕はきれいなキュゥべえ」】の続きを読む

このページのトップヘ