えすえすゲー速報

アニメ ゲーム ラノベ等のSS及び雑談をまとめています。

QB

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 16:24:02.11 ID:aAuWRsBs0

  It,and where not even

  Were rejected from all

  Future of the despair


…Only one God and the one girl

Continue to believe each other

for a never-ending to Keep dreaming…












SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1355469841

引用元: QB「平行世界の窓」 



【QB「平行世界の窓」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/02(日) 14:27:44.27 ID:CWb9vNaNP
~マミの家~

マミ「ただいま、キュウべえ」

QB「おかえり。なんか今日は帰りが遅かったね」

マミ「……いや、それがね」
子猫「みゃあ!」

QB「うわあ!……何だい? その猫は?」

マミ「クラスメートの子がね、拾ってきちゃったの。
でもその子、両親が猫は嫌いで飼えないみたいで……。
飼い主を探すまでの間、預かってくれないかって頼まれちゃったの」

引用元: マミ「キュウべえなんて大嫌い!」 



【マミ「キュウべえなんて大嫌い!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/09(月) 20:24:51.69 ID:5Rq3rCN50




QB「この洗剤も付けちゃうよ」





引用元: QB「暁美ほむら、僕と契約して魔法少女になってよ!今なら・・・」 



【QB「暁美ほむら、僕と契約して魔法少女になってよ!今なら・・・」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/08(日) 13:01:17.85 ID:V6Ieu3CP0

ほむら「………」

ほむら「……ほむぅ」ムクリ

ほむら「朝ね」

ガラッ

QB「おはよう、暁美ほむら」

ほむら「………」スタスタ

ほむら「牛乳、牛乳っと……」ガチャ

引用元: ほむら「宇宙人と」 QB「時間遡行者」 


 

【ほむら「宇宙人と」 QB「時間遡行者」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:20:14.48 ID:VadorFBc0
まどか「なにやってるの…?」

QB「無限1UPだよ」ピコピコリ♪ ピコピコリ♪ ピコピコリ♪

まどか「無限1UP…?」

QB「代わりのボディを稼いでいるのさ」ピコピコリ♪ ピコピコリ♪ ピコピコリ♪

まどか「そうなんだ…」

引用元: まどか「キュゥべえが延々と亀を踏みつけてる…」 



【まどか「キュゥべえが延々と亀を踏みつけてる…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 00:08:01.84 ID:MbkrKxJl0
QB「久しぶりだね」

喪黒「えぇ、ちょうど一年ぶりくらいでしょうか?」

喪黒「しかし、お元気そうでなによりです」

QB「君こそ元気そうでよかったよ」

喪黒「ホッホッホ……」

QB「きゅっぷい」

引用元: QB「やぁ、福造」喪黒「こんばんは、キュゥべえさん」 



【QB「やぁ、福造」喪黒「こんばんは、キュゥべえさん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/23(木) 02:43:28.59 ID:ZCDCwgrM0
マミ「QBも知ってるわよね。初音ミクさん。世界最高の電子の歌姫よ」

ミクダヨー「札幌の大天使だよー」

QB「……」

引用元: マミ「QB、新しい魔法少女希望者よ」ミクダヨー「ミクだよー」 



【マミ「QB、新しい魔法少女希望者よ」ミクダヨー「ミクだよー」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 04:03:44.74 ID:5LzSCSVf0
沙耶「……」 モグモグッ

QB「いきなり食べるなんて酷いじゃないか」

沙耶「あなた、さっきの子と同じなの?」

QB「僕らには個体の区別はないからね」

沙耶「そう。私に何か用?」

QB「ずいぶん素っ気ないね。君は僕が話すことに疑問を持たないのかい?」

沙耶「あなたは私が話すことが不思議じゃないの?」

QB「君達の存在は知っているからね」

沙耶「ふ~ん。でもあなた、人間じゃないんでしょ? 興味ないわ」

QB「待ってくれ。これは君にとっても有益な取引だ」

沙耶「ふしゅるー……」

QB「冷静な話し合いを求めるよ」

沙耶「あむっ」

引用元: QB「僕と契や」 沙耶「あむっ」 


 

  【QB「僕と契や」 沙耶「あむっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 16:00:46.52 ID:UA5eexQb0

ほむら「あなたが散歩なんて珍しいわね」

QB「魔法少女は君達だけじゃないんだ。他の魔法少女のグリーフシードも回収しないと」

ほむら「そう」

QB「止めたりはしないのかい?」

ほむら「別にしないわよ。好きにすればいいじゃない」

QB「そうかい。マミの時はよく止められたから君のところに来て気が楽になったよ」

ほむら「寂しがり屋なのね」

引用元: ほむら「あらキュゥベえ、どこかに行くの?」 QB「散歩だよ」 




【ほむら「あらキュゥベえ、どこかに行くの?」 QB「散歩だよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 12:43:14.00 ID:Vl4ztkT50
QB(まさか左遷されるとは、夢にも思わなかった)

QB(まさかまどかの契約も無く、ワルプルギスの夜が撃破されるとは)

QB(ワルプルギスの夜を過大評価していたのか、彼女たちを僕があなどっていたのか)

QB(しかしもうちょっと、しっかりと仕事してほしかったんですけどねえ、ワルプルさん)

QB(まあいい、結論から言おう)


QB(僕は有史最高とも言える魔法少女としての潜在能力を秘めた、鹿目まどかとの契約に失敗した)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387942993 


  【比企谷「家に帰ると真っ白な幽霊のような奴が」 QB「」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 11:47:03.57 ID:eW822oB50

上条「さやかは……僕をいじめてるのかい?」

さやか「そんなっ……諦めなければまだ!」

上条「諦めろって言われたのさ……もう二度と演奏は無理だって!!奇跡や魔法でもない限り!」

さやか「!!」


さやか「それでも……それでも、奇跡も魔法も、あるんだよ!!」


~~~~~~~

病院の屋上

QB「ボクを呼び出したということは、ついに決心したんだね」

さやか「うん。あたし、……魔法少女になる」

QB「そうか。キミはどんな願いでソウルジェムを輝かせるんだい?」

さやか「あたしは……恭介の腕を治したい!叶えてよ、キュゥべえ!」



QB「残念だが、それはムリだね」

さやか「えっ」

引用元: QB「ボクと契約して魔法少女になってよ!」上条恭介「えっ」 




【QB「ボクと契約して魔法少女になってよ!」上条恭介「えっ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 08:16:55.16 ID:0zClyGur0
デビィ「そんなこと突然言われても ねぇ」

黒柳「私は構いませんわ」

QB「じゃあ、先に君から契約しようか」

引用元: デビィ 黒柳「魔法少女?」 QB「君たちには素質があるよ!」 




【デビィ 黒柳「魔法少女?」 QB「君たちには素質があるよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 21:00:25.72 ID:5k8bPfrp0
QB「もうすぐ、この惑星に隕石が落ちてくるだろう」


まどか「……えい!」

さやか「はーい!それジョーカー!」

QB「すなわち、人類の終わりだね」

まどか「うわあ、また引いちゃった……」

マミ「美樹さん、やるわね!」

ほむら「こっちに渡してもいいのよ、まどか」

杏子「おい、ずるすんなよな~」


QB「……」

QB「……あの」


さやか「え?何?」

引用元: QB「さあ、最後の時を過ごすといい」 



【QB「さあ、最後の時を過ごすといい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 08:15:08.43 ID:Nk0qyS5r0
夢の中で逢った、ような……

引用元: QB「ボクと契約してテイマーになってよ」 



【(デジモン) QB「ボクと契約してテイマーになってよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17(金) 21:04:23.44 ID:zzT0mo6NO
数年前

マミ「キュゥべえのしっぽフワフワー」サワサワ

QB「ちょっとやめてよマミ」

マミ「まくらにしていい?」

QB「駄目だよ!僕が動けなくなるじゃないか!」

QB「・・・あぁ」

マミ「zzz…」グッスリ

QB「・・・小さい子は魔法少女にするべきじゃないかなあ」

引用元: キュゥべえ「マミに嫌われたかもしれない」 



【キュゥべえ「マミに嫌われたかもしれない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 11:57:00.02 ID:OyXizNZ60

ほむら「……私にこれを預かれというの?」

QB「きゅっぷい!」

マミ「二週間後に、全国模試があるのだけれど」

マミ「それが高校選考の最後の資料になりそうなのよ」

マミ「だから勉強に専念したくて……」

マミ「その間、キュゥベえのお世話もおろそかになりそうだから、誰かに預けたいの」

ほむら「………」

引用元: マミ「キュゥベえを預かってほしいの」 ほむら「………」 


 

  【マミ「キュゥベえを預かってほしいの」 ほむら「………」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/18(木) 21:17:27.50 ID:JUUMPVz+0
まどか「さやかちゃんさやかちゃん!」

さやか「どうしたのさ、そんなにはしゃいで」

まどか「知ってる? 近くにすごく美味しいラーメン屋さんができたんだって!」

さやか「へえ? 聞いたことないけど……」

まどか「せっかくだから行ってみない?」

さやか「うーん、まどかがそう言うなら付き合ってみてもいいかなー?」

まどか「やったー! さやかちゃん大好きー!」


ガラガラガラ

マミ「いらっしゃいませー! ラーメンQBにようこそ!」

QB「僕の食券を買ってお客さんになってよ!」

まどさや「……」

さやか「まどか……ラーメン屋の話って誰に聞いたの?」

まどか「……マミさん」

引用元: まどか「おいでませ、ラーメンQB!」 



【まどか「おいでませ、ラーメンQB!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 22:39:42.75 ID:DVDpYUv1O
まどか「えっ、QB結婚してたの?」

QB「この年で所帯持ちじゃおかしいかい?」

まどか「いくつか分かんないんだけど」

ほむら「期間は?」

QB「本当は一年くらい欲しいんだけど、そうそう休ませてくれる会社じゃなくてね。長くて3ヶ月ってところかな」

まどか「すごいね、おめでとう!」

引用元: QB「悪いけど、少しの間暇を貰うよ。妻の出産予定日が近いんだ」 



【QB「悪いけど、少しの間暇を貰うよ。妻の出産予定日が近いんだ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆9F7.uYHqOdoM 2012/04/16(月) 01:59:27.57 ID:zoiptwv3o

ほむら「また駄目だったわ」ツカツカ
ほむら(何度でもやり直す。鹿目まどかを救うために)

ほむら「またQBを狩らないと」
ほむら「今度こそ、まどかと接触させない」

・・・

ほむら(遅いわね。いつもならこのCDショップのバックヤードに現れるはず)
ほむら「来たっ」

ほむら「いない。けど気配はまだあるわね」
ほむら「そこねっ」パーン

ほむら(おかしい。確実に撃ちぬいたはず)
ほむら「こんな所で無駄に魔力を消費したくないのだけど、仕方ないわね」キュイーン

ほむら(さて、いつもよりすばしっこいアイツはどこかしら)
ほむら「!?」

ほむら(時間を止めているのに、動いてる?!)
ほむら(この空間内では私以外は動けないはずなのに・・・)

ほむら(とりあえずまどかの所に行こうかしら)テクテク
ほむら(このままアイツを探してても、魔力がもったいないし。もしかしたらQBではない奴かもしれないし)テクテク

ほむら(ここで待ってればまどかが来る。接触する前に仕留めるっ!)キュイーン

まどか「誰?」

さやか「どうしたの?まどか。いきなり走りだしたりして」

まどか「あ、さやかちゃん。なんかこっちの方で声が聞こえた気がして」

さやか「けどここスタッフオンリーって書いてあったから、気のせいじゃない?」

まどか「う、うん。そうだよね。ごめんね、さやかちゃん」テクテク

さやか「いいって、いいって」テクテク

ほむら(おかしいわね。まどかはもう別の場所に移動したのに、まだ気配は近くにあるわ)
ほむら(もしかして、私がターゲット?)

ほむら(とにかく、見つからないようにまどかを尾行しましょう)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1334509167(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

引用元: QB?「今までの僕とは違う」 



【QB?「今までの僕とは違う」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

キュゥべえ「ボクを信じてくれ、暁美ほむら」 前編

378:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(群馬県):2011/08/17(水) 20:54:36.81 ID:vbahPgXs0

第7話「これからの話をしましょう」


さやかが魔法少女となった四日後、ゴールデンウィークの連休が明けた後の事だ。
左腕を完治させた上条恭介が、足のリハビリもそこそこに学校へと復帰した。

級友達に囲まれる幼馴染みを傍目に、さやかはぼーっとしたまま机に座っていた。

まどか「いいの、さやかちゃん?」

さやか「ん、ああ……うん」

仁美「どうされたんですか、さやかさん?
   折角、上条君が退院されたと言うのに……」

さやか「ん……ああ、うん」

ほむら「……数学と国語、それに英語の課題、今日までよ」

さやか「ああ……うん」

私達の質問や言葉に、生返事しか返さない。



【キュゥべえ「ボクを信じてくれ、暁美ほむら」 後編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(群馬県):2011/08/08(月) 23:06:38.33 ID:6QrscVfk0

第1話「本当の魔法少女になってよ」


病室――

ほむら「………」

目を見開き、毛布を跳ね上げるようにして、身体を起こす。
もう、何度目だろう、この日に戻って来るのは……。

見慣れたと言うよりは見飽きた病室。
私のリスタート地点。

また……また繰り返してしまった。
また、まどかを助けられなかった。

私は悔しさと情けなさ、そして、耳に残る不快な笑い声と無感情な声、
そして、山のように巨大な魔女へと変貌してしまったまどかを思い出す。

決戦と時間遡行による魔力の大量消費で濁ったソウルジェムをグリーフシードで浄化すると、
今度こそ、まどかを助けるために動き出した。


【キュゥべえ「ボクを信じてくれ、暁美ほむら」 前編】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/03(火) 01:53:35.95 ID:pX/DZS3U0
マミんち

TV「新春初笑い漫才!一組目はこちら!」

さやか「正月っていいよねえ」グデー

マミ「そうねえ」グデー

杏子「みかんうめえわあ」グデー

ほむら「……zzz」スピー

まどか「ティヒヒ、居眠りしてるほむらちゃんかわいい。つついちゃお///」ソーッ

TV「そうそう、正月はお餅……ってこれゴムボールやないかーい!」ビシッ

さやか「あははは!」

マミ「ふふ!可笑しい」


プゥ~~ッ!

引用元: QB「うわあああコタツの中で寝てたら屁をこかれたくせえええ!」 




【QB「うわあああコタツの中で寝てたら屁をこかれたくせえええ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 21:00:04.10 ID:wATz4f+C0
生ゴミが入ったポリバケツにて──

野良猫「ミャゴミャゴミャゴ」ガツガツ

QB「ぼくにも少し分けてくれないかな?」

野良猫「ミャッ! フゥ~~~~~……ッ!」ギロッ

QB「さよなら」ダッ

QB(ふう、もう三日もご飯にありつけてないや)


【まどか「私と契約してマスコットになってよ!」QB「マスコット?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 09:25:26.18 ID:5eR3up8O0
QB「それは嬉しいな。じゃあ、願い事を―――」

まどか「あの」

QB「なに?」

まどか「やっぱりやめる」

QB「どうして?」

まどか「それじゃあ」

QB「え、どうして?ねえ?」

まどか「……」スタスタ

QB「仕方ない。また気が向いたらでいいよ」

まどか「……」スタスタ

引用元: QB「僕と契約して魔法少女になってよ」まどか「いいよ」 


【QB「僕と契約して魔法少女になってよ」まどか「いいよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/10(土) 00:54:49.06 ID:l6Kfzwfm0
マミ「はぁ……」

QB「どうしたんだい、マミ。元気がないね」

マミ「わたしのネーミングセンス、一向に鹿目さんたちにウケが良くないのよ」

QB「君のネーミングセンスというと、『ティロ・フィナーレ』とか『円環の理』とかかい?」

マミ「後者は言いがかりよ! あれはあの世界では一般的な表現で……。まあいいわ。とにかく厨二っぽいって言われて……」

QB「厨二? その表現は初耳だね」

マミ「う~ん、何て言うのかしら……。実例を挙げるから理解して。抽象化は得意でしょう?」

QB「出来るか分からないけど、言ってごらん」

引用元: マミ「キュゥべえ厨二病説」 



【マミ「キュゥべえ厨二病説」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/17(土) 12:19:30.63 ID:/lgNNBqr0

まどか「こんなの……悲しすぎるよ……」

マミ「導かれてしまったのよ。円環の理に」

杏子「ちくしょう……どうしてなんだよ……」

さやか「奇跡も魔法も、なかったんだね」

QB「君たちはいつもそうだね。全てを知ると決まって同じような反応をする」








『青い人魚姫と赤い槍の衛兵』<ジャジャーン


QB「つくり話だというのに、どうしてそこまで同情するんだい?」

ほむら「………」

引用元: QB「日記をつけるよ!」 


 

【QB「日記をつけるよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 13:08:20.57 ID:IWd1qPAX0

ほむほーむ

ほむら「………」

ほむら「ひまね……」

ススス……

QB「やぁ、ほむら」

ほむら「何しに来たの?」

QB「いや、ちょっとこの部屋に用があってね」 

ほむら「部屋に?」

引用元: QB「外付けハードウェアの試作品?」 


【QB「外付けハードウェアの試作品?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/06(火) 16:29:36.25 ID:R7c6QIDp0
QB「魔法少女は言霊で戦うんだ」

QB「言霊を魔力に変換し敵に叩きつける……そして最大威力の言霊となる言葉が『笑い』の内包」

QB「つまり……」

マミ「セミが寒がった……『せみ~』!」

ドーン!

ゲルトルート「ギャアアアアアアア!」

QB「魔法少女の武器……それはダジャレさ!」

まどか「やったぁ!」

さやか「マミさん凄い!」



ほむら(ループしまくってたら意味不明な世界に来てしまった……)

引用元: QB「僕と契約して、ダジャレで戦ってよ!」 


【QB「僕と契約して、ダジャレで戦ってよ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 21:46:45.58 ID:kqtTvj4W0
        チュン チュン

まどか「……zzz……zzz」

目覚まし「PPPPPPPPPPP!!」

    タン!

QB「……ふぅ。ねぇまどか、朝だよ起きて」ユサユサ

まどか「ぅぅん……あと五分……」モゾモゾ

QB「その願いはキミの魂を差し出すに値するかい?」

まどか「…………ぅん」

QB「キミの願いはエントロピーを凌駕した!」

まどか「……zzz……zzz」

QB「…………」

    \マドカー、ママヲ オコシテクレナイカ?/

QB「ほらまどか、ママさんを起こさなきゃ」ユサユサ

引用元: QB「まどか! いい加減ボクと契約してよ!!」 


 

魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編] (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原案:Magica Quartet 漫画:ハノカゲ
芳文社 (2016-06-11)
売り上げランキング: 1,515
【QB「まどか! いい加減ボクと契約してよ!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 01:57:50.49 ID:EO3JIDvV0
ほむら「まずは材料を確保しなくてはいけないわね」

まどか「どうやってやるの?」

ほむら「任せてまどか!これに関しては私はプロよ!!」

まどか「頼もし~~!!ほむらちゃん!!」キラキラ

ほむら「ホムッ」


引用元: まどか「キュゥべえの毛皮を剥いでマフラーにして売ろうよ!」 



【まどか「キュゥべえの毛皮を剥いでマフラーにして売ろうよ!」】の続きを読む

このページのトップヘ